2024-02

身近なふしぎ

電化製品の電源を切っても電気は使うのか?

使用していない電化製品のプラグを抜くことで、年間数万円も節約できると主張する人がいます。 この考えは多くの議論を巻き起こしましたが、本当でしょうか? 電化製品は、使用していないときでも受動的に電力を消費し続けているのでしょうか? 残念...
自然科学・地球科学

砂漠の下には何があるのか?

実は、砂漠に対するイメージとは異なり、砂漠の80%は砂で覆われているのではなく、岩盤やひび割れた粘土質の大地がむき出しになっているのです。 では、砂漠の砂は一体どこから来るのでしょうか? 以下に、乾燥した砂漠の砂をすべて掃除機で吸い取っ...
自然科学・地球科学

植物にとっての「太陽光 vs 人工光」何が違うのか?

植物が光合成によって食物を作り出す能力には、必ずしも日光は必要ありません。 実際、さまざまな光源からの光が日光の代わりに役立っています。 しかし、植物の成長に関しては、太陽光と人工光の間には違いが生じます。 以下に、これらの光の違いや...
2024.02.20
身近なふしぎ

なぜ光はだめなのに、Wi-Fiは壁を通り抜けるのか?

同じ「電磁波」の一種の「光」は壁を通過できないのに、「Wi-Fi」はどのように壁を通り抜けて信号を送信しているのでしょうか? それは、Wi-Fi電波と光波、それぞれがもつ周波数と波長の違いによるものです。 Wi-Fiの魅力の1つは、Wi...
キッズサイエンス

なぜ水は「水素と酸素(可燃性)」からなるのに燃えないのか?

水は、身近に手に入る燃えない液体で 、火を消すための頼りになる存在です。 一方で、水は水素原子と酸素原子で構成されており、どちらも燃焼をサポートしています。 論理的には、水も燃えるべきですよね? しかし、誰もが知っているように、水は燃えま...
身近なふしぎ

なぜお金はコピーできないのか?

プリンターのボタンを押してお金を「コピー」する。 それは法的に問題があるだけでなく、機能を有しません。 最新の印刷装置やスキャン装置を使用して紙幣を印刷しようとしても、その機械はこの行為への協力を拒否するのです。 完全にシャットダウン...
自然科学・地球科学

海底では人はどうなるのか?将来人類は海底都市に住めるか?

水は、その密度で人の命を奪うことができます。 私たちは、エッフェル塔の半分に相当する150メートルの高さまで登っても、ほとんど気圧の変化を感じられません。 しかし、同じ深さまで水中に潜れば、静脈はつぶれ、肺はコーラ缶の大きさまで圧縮され...
2024.02.16
キッズサイエンス

ココナッツはナッツ、種、それとも果物か?

さて問題です。ココナッツは、果実、ナッツ、種子のどれに分類されるのでしょうか? じつのところココナッツは、果実でもあり、種子でもあり、ナッツでもあるかのようにそれぞれの特徴をもっているため、植物学の世界では少し謎に包まれています。 先に...
2024.02.09
キッズサイエンス

接着剤って魚や動物の一部からできるって知っていますか?

接着剤は、太古の昔から使われているのをご存知でしょうか? なんと最古の接着剤(糊)についての証拠は、ネアンデルタール人によって描かれた洞窟壁画から発見されています。 古代人らは、ボンドやアロンアルファなどがない時代に、一体何から接着剤を...
2024.02.08
キッズサイエンス

地球最大級の望遠鏡で月面のアメリカ国旗を見ることは可能か?

世界最大級の天体望遠鏡で、ロケットの直径よりも大きな10m規模のレンズ(口径)でなら、月面のアメリカ国旗まで見れるような気がしませんか? NASAによるアポロの月面着陸の兆候を、高倍率の望遠鏡で探るなんてまさにロマンです。 しかし、その...
2024.02.04