水泳教室

水泳教室

平泳ぎのストロークでよくある間違いトップ5

平泳ぎのストロークで最もよく見られる5つの間違いと悪いくせの直し方について分かりやすく紹介します。ストロークのプルの腕の動きの幅が狭い、肘が下がる、プルを引き過ぎる、前方で腕が伸びきれていないなどは特によくみられるので注意してください。
水泳教室

プルブイを使ってバランスよくクロールを泳ぐ練習方法

プルブイの挟む位置を足首、膝、太ももと順に変えていく練習方法を分かりやすく紹介します。バランスを考えながら、クロールの腕のかき方の調整方法についてより多くを学ぶことができます。
水泳教室

クロールで正しい姿勢をキープする練習方法|フロントバランス

「フロントバランス」と呼ばれる初心者向けの練習方法をGoSwimより分かりやすく紹介します。ストロークなしのバタ足だけでボディーバランスを適切な位置にキープして泳ぐ練習のやり方やポイントです。 米国のオリンピック選手Glenn Millsら...
2022.08.03
水泳教室

平泳ぎの息継ぎで頭が上がりすぎるのを防ぐ練習方法

平泳ぎの息継ぎの時に、できる限り頭を低い位置に保ち、前方に向けての推進力を高めながら、なめらかに泳ぐための練習方法について分かりやすく紹介します。水泳選手の多くは、平泳ぎの息継ぎのために、水面から高く飛び出すのが大好きですが、それでは前方への推進力を上に向けて分散してしまうため、スピードアップの妨げとなっています。
水泳教室

クロールのストロークでの腕の使い方の練習方法|キャッチからプルへの移行

クロールのストロークにおける入水のタイミングにから水を引き込む動き(プル)への移行について、手から前腕にかけての腕の使い方を学ぶ練習方法を紹介します。ストロークの肘を位置が高くしても、タイミングが遅ければせっかくのパワーが発揮されないため、素早いキャッチとプルへの移行について練習の手順とポイントにそってクロールを試してみてください。
水泳教室

クロールで腕を曲げて泳ぐストロークの練習方法|ハイエルボー

クロールで腕を伸ばしたままストロークをすることのデメリットを理解し、肘を曲げた(ハイエルボー)ストロークのメリットや練習方法を紹介します。ストロークが改善すると、肩の負担を減らしながら、水を力強くかけるようになり、特にプル(ストロークの腕を引く動き)が強化されます。
水泳教室

強いバタ足に偏ったクロールの改善点

強いバタ足に頼ったクロールの特徴や泳ぎ方を改善するにはどのような練習方法を取り入れるべきかなどを分かりやすく紹介します。この泳ぎ方の人は、クロールが疲れやすい、膝に力が入りかかとが水面から出る、体の傾きがなくストロークの腕がのびているなどの傾向があります。
2022.08.09
水泳教室

リラックスして水への感覚を鋭くする練習方法

リラックスして水とのつながりを感じる練習から得られる大きなメリットや練習方法について分かりやすく紹介します。ハードな練習が必要な時もありますが、より上手に泳ぐ方法を理解するには、水とのつながりを感じ、リラックスして全身の水への感覚を研ぎ澄まし養う時間も大切であることを頭に入れておきましょう。
水泳教室

クロールのストロークが短くて回転が速い泳ぎ方の改善点

クロールのストロークが短くて回転が速い泳ぎ方を改善していくポイントについて分かりやすく紹介します。この場合、いくら練習を重ねても、費やした努力にもかかわらず、ほとんど進歩が見られないでスランプに陥ることがよくあるため、この機会に改善点を見直してタイムアップにつなげてください。
水泳教室

クロールの腕を伸ばす時間が長すぎる泳ぎ方の問題点と改善法

クロールの腕を前方に伸ばす時間が長すぎる傾向がある泳ぎ方の問題点や改善するための練習のポイントについて分かりやすく紹介します。クロールで前方に腕を伸ばすのは大切なことですが、伸ばす時間が長すぎる時に生じる「間(ま)」には注意が必要です。その場合、ストロークを改善することでタイムも上がることがよくあります。