なぜ、鼻の下には溝(くぼみ)があるのか?

2017年4月21日

人間がなぜ鼻の下に小さな溝(くぼみ)があるのか疑問に思ったことはありませんか?

この溝の名前は、人中(じんちゅう)と呼ばれ、実質的には、人が生きていくうえでなんの役にも立ちません。

それではどうしてこの不要な物が存在しているのでしょうか。

この興味深い疑問を理解するために、ここでは、鼻の下の溝(くぼみ)がどのようにしてできるのかについて、母親の子宮の中で胎児の顔が形成される工程を、顔のパーツごとに分けて非常に分かりやすく表現した動画を紹介します。

もともと、おなかの中の赤ちゃんの顔は、鼻が左右に離れており、それが次第に中心に移動してひっついたという痕跡(こんせき)が溝として残されているようです。

鼻の下の溝(くぼみ)ができるまでの工程

母親のおなかの中で、胎児は、ほんの短い期間ですが、顔が形成されていない時期があります。

この時期は、目や鼻の孔は左右に離れ、口は大きな亀裂のようにみえますが、2、3ヶ月くらいかけて、徐々に人間の顔らしく変わっていきます。

まず、鼻孔と口が形成され、それらが、鼻と唇の道を作るために、少しずつ中心に移動していきます。

そして、鼻と唇が所定の位置におさまるときに、溝(くぼみ)があらわれます。

ときには、この工程で、赤ちゃんの鼻と唇がうまくひっつかずに、上唇がめくれあがったり、縦に裂けたような状態のまま産まれることもあります。これが口唇裂(こうしんれつ)や口蓋裂(こうがいれつ)と呼ばれる先天性異常です。

動物の鼻の下にも存在する溝

鼻の下にくぼみがあるのは、人間だけではなく、豚やトラ、サル、ライオン、ウサギ、ネズミをはじめ、ほとんどのほ乳類でみられ、霊長類に関しては、人間同様に何の役割もないといわれています。

しかし、猫や犬など霊長類以外の動物は別で、嗅覚をより鋭くする役割があります。