水泳教室

水泳教室

平泳ぎの足のリカバリーでの水の抵抗をなくす練習方法

平泳ぎで最も水の抵抗を受けやすい膝から下の部分の抵抗を最小限にするために、リカバリーの時に足(キック)を揃える練習方法を紹介します。平泳ぎで最も抵抗が大きいといわれるキックのリカバリーで水の抵抗をなくしたいなら、キックの終わりから意識を集中し始める必要があります。
水泳教室

クロールの息継ぎを両サイドでバランスよくする練習方法|初級

クロールの息継ぎを、左右のどちらか一方だけでなく、両サイドにする練習方法を紹介します。息継ぎを両方で行うことで、クロールのストロークがアンバランスになるのを防ぎ、息継ぎとバランス力のつながりを改善して推進力を高めることができます。
水泳教室

ストリームラインを適切な姿勢に導く練習方法|初級

ストリームラインがなかなかまっすぐにできない子供に、逆に抵抗を生む泳ぎ方をさせて、適切な姿勢に導く練習方法を紹介します。実際に、アメリカの水泳教室で、コーチが取り入れているストリームラインの練習方法で、あることを教えたい時にその反対のことを教えて、適切な泳ぎ方に導くテクニックです。
水泳教室

パラリンピック水泳選手による背泳ぎのキャッチとプルの練習方法3通り

車いすのパラリンピック水泳選手トム・ミアズガ(Tom Miazga)氏が、背泳ぎのキャッチとプルの練習を3通り実演しながらポイントを解説したものをgoswimより紹介します。 オリンピック選手自らが、背泳ぎについて説明し、具体的にどのよう...
水泳教室

クロールのプルを改善する練習/シングルアームエクステンション

オリンピック選手ジョアン・デルーカ氏によるクロールのプルの動きを力強く改善するためのストロークの伸びの練習方法「シングルアームエクステンション」について動画を合わせて紹介します。ジョアン・デルーカ氏は、自分のストロークを磨くためにまずすべきことは、リーチ(前方への伸び)を意識することであるといいます。
水泳教室

水をとらえるための「スカーリング」泳ぎの練習方法

今回は、指先から手の平全体で水への感覚をとぎすまし、水をより確実につかむことでスピードを上げるために考えられた「スカーリング」泳ぎの練習方法を紹介します。スカーリングによって「手で水への感覚をつかむこと」を意識的に取り入れることは、遠回りのようでスピードアップの近道になります。
水泳教室

背泳ぎのバタ足とバランスを組み合わせた練習方法

背泳ぎに不可欠な姿勢とバランスにバタ足を組み合わせた練習「ストリームラインキック」のやり方について、オリンピックのメダリスト、キンバリー・ヴァンデンバーグ(Kimberly Vandenberg)さんの見本をもとに紹介します。オリンピック選手の見本を見ると、体の位置、膝から下のバタ足の仕組み、つま先など見落とされがちな細かいポイントが分かり、背泳ぎの改善へ大きなヒントとなります。
水泳教室

マイケル・フェルプス選手の平泳ぎ

以前マイケル・フェルプス選手の平泳ぎについてボディーポジションやキック、息継ぎを中心にボブ・ボウマン/Bob Bowmanコーチが解説していた内容のメモを忘れないうちに紹介します。子供から大人まで、水泳を始めたばかりの人やスランプに陥っている人にもきっと役に立つ内容なのでぜひ参考にしてください。
2022.08.10
水泳教室

マイケル・フェルプス選手のクロール

金メダリストマイケル・フェルプス選手のクロールについて、過去にボブ・ボウマン/Bob Bowmanコーチがストロークやボディーポジション、息継ぎなどを解説したものを付け加えながら分かりやすく紹介します。泳ぎを改善する時に、まず取り組むべきはボディーポジションです。
水泳教室

背泳ぎの基本的な泳ぎ方|初級

背泳ぎの基本的な泳ぎ方やストロークのポイントについて、初心者にも分かりやすく紹介します。背泳ぎを泳ぐときは、まず、背浮きから始めて、受けるようになったらキックと腕のストロークの練習を加えましょう。