舌のやけどの痛みをすばやくやわらげる方法

一般的に、口内や舌は、やけどをしても膜組織の粘液のおかげで、体の他の部位に比べて治りやすいといわれています。

実際に、ちょっとしたやけどであれば、一日も経てば自然と痛みが消えることが多いようです。

しかし、舌の痛みで食事ができない状態はつらく、できればすぐにでも痛みをなくしたいもの。

そこで、下記に身近な食べ物を使って、舌のやけどによる痛みや炎症をすばやくやわらげるのに役立つ方法を紹介します。

舌の痛みや炎症をやわらげる方法

やけどによる舌の痛みを和らげるには早めの処置が求められ、はじめの迅速な処置が、患部の回復スピードを左右するともいわれています。

舌の粘膜には、舌乳頭(ぜつにゅうとう)と呼ばれる舌の感覚を感知する小さな突起がたくさんありますが、舌をやけどした場合、この舌乳頭が一時的に失われてしまうこともあるようです。

幸いにも、舌のやけどによる痛みに役立つ応急処置方法はいくらかあるので、下記に基本的な対処法から紹介します。

応急処置方法

大切なのはやけどをした患部を冷やすことです。

どのような小さなやけどであっても、少しずつ水をすするようにして飲み、まず舌の温度を下げて炎症を落ち着かせてください。口内の水分補給と同時に、唾液の流れによって、バクテリアが患部にとどまって悪影響を与えるのを防ぐことができます。

患部を冷ましたら、次に、米国国立医学図書館(U.S. National Library of Medicine)は、ぬるま湯で作った塩水で口をすすぐように示しています。

小さじ1/8杯の塩をコップ1杯(約230ml)のぬるま湯に加えて、それを口の中でゆっくりと動かした後、吐き出してください。塩水は炎症による腫れや痛みをやわらげるのに役立つ自然由来の消毒液です。

その他、舌のやけどに効果的な対処法を下記に紹介していきます。

氷やアイスクリームで冷やす
やけどによる痛みを感じたら、3、4分間、氷を口に入れて冷やしたり、棒状のアイスクリームを患部にあてながら食べたりすると、患部を刺すようなヒリヒリとした感覚がまひして痛みをやわらげる手助けとなります。冷やすという行為は、同時に、炎症や腫れをおさえるのにも効果的です。
砂糖を患部にあてて溶かす
砂糖をひとつまみ取り(約小さじ1/2杯程度)、やけどをした舌の上に直接ふりかけた後、舌先を口の上側(歯の裏)にしばらくあてて(約5分)とけるのを待ちます。
砂糖を患部にあててとかすことによって、痛みをやわらげる効果のあるホルモンが分泌されるのを利用した方法です。
ハチミツをなめる
国立衛生研究所(National Institutes of Health)によると、ハチミツには抗菌、抗炎症作用があり、傷口の腫れをおさえて回復を早める効果があるといわれています。
冷たい空気にあてる
口をすぼませながら息を吸って、舌を冷たい空気で冷まします。

もし、痛みや炎症がなかなか落ち着かない場合は、他の原因も考えられるため、口腔外科や歯科で相談してみましょう。

舌をやけどしたときの注意点

舌や口内をやけどした場合、治癒するまでは、パイナップルやオレンジなどといった酸味のある果物を食べたり、歯磨き粉やマウスウォッシャー(うがい液)を使用したりするのは刺激が強すぎるため、できるだけ控えるようにしてください。

最後に

食は、私たちの生活においてかかせないものです。しかし、舌をやけどしてしまうと、食材の香りや食感などを楽しめなくなり、楽しいはずの食事の時間が味気ないものになってしまいます。

上記の応急処置方法は、どれも身近なものを使った簡単なものばかりなので、そんなときにぜひ思い出して役立ててみてください。

ここでは、一般的な口腔衛生のトピックに関する理解と知識を促進することを目的としています。それは専門的な助言、診断、または、治療の代わりになることを意図していません。病状や治療に関して疑問がある場合は、必ず歯科医や口腔外科医、または、その他の資格のある医療提供者に相談してみてください。

参照元
こちらもどうぞ