暴漢対策に持ち歩くべき5つの護身グッズと使い方

かりに、女性が男性の暴漢やストーカーに襲われてしまうと、素手ではほぼ勝ち目はないかもしれません。

しかし、護身用グッズを正しく使えば、逃げ出せる可能性は非常に高くなります。いざというときは、とにかく逃げることを考えてください。

ここでは、護身術のプロであるGabrielle Rubinさんが、暴漢対策に持ち歩くと効果的な5つの護身グッズについて、その有効な使い方とともにアドバイスしたものを紹介します。

プロが選ぶ護身用グッズベスト5

護身用グッズと聞くと、スタンガンや特殊な警棒を思い浮かべるかもしれませんが、下記で紹介するのは、暴漢と勇敢に闘うのを目的としたものではなく、危険な状況から逃れることを最優先に考えられたものです。

持ち運びやすくて防犯効果が高く、力が弱い女性にもおすすめのアイテムです。

1. 防犯スプレー(催涙スプレー、唐辛子スプレーなど)

防犯スプレーは、噴射するだけでよいので簡単に扱え、複数の暴漢に襲われたときにも有効で、相手との距離を保ったまま瞬時に動きをとめ、その間に逃げることができます。

ただし、使い方には気をつけなければなりません。接近している暴漢を狙って噴射すると、自分の目にも入る危険性があるので注意してください。

相手の顔を集中的に狙うよりも、相手と自分の境目(逃げる方向を避けた自分の周囲約180度近く)をできる限りカバーするように水平にシューと線を描いて噴射してから逃げてください。

2. クボタン

クボタンは、中が空洞になった筒状の軽くて短い警棒です。Gabrielle Rubinさんが持っているようなプラスティック製のものや樹脂、金属など、様々な材質があります。

引用:キーリングが付いていてキーホルダーとして使え、鍵束の携行用具を装ってクボタン本体を腰のベルトに脇差しのように手挟んで携帯する。形状は単純だが、習熟すれば「打ち」「突き」「払い」「締め」等、護身に有効な技を繰り出すことができる。 ja.wikipedia.org

暴漢に背後から首元を羽交い絞めにされたときに、後方に向けて脇の下から相手の股間を突いたり、カギの部分を持って、ヌンチャクのように肩の上から振り上げて相手の顔に打ち付けることができます。

3. 防犯ブザー

防犯ブザーは、音で助けを呼ぶだけでなく、暴漢に襲われたときに身を守る武器にもなります。

たとえば、暴漢に腕や足などをつかまれたときに、防犯ブザーのピンを引き抜いて、犯人の片耳を覆うようにあててください。まれに、大きな音を鳴らしただけでは逃げない暴漢がいますが、このように、耳に直接防犯ブザーをつけられたら、どんな大男でもほとんどがつかんでいた手をゆるめます。その隙に、逃げてください。

4. 防犯ホイッスル(笛)

防犯ホイッスルのメリットは、いざというときに電池切れの心配がなく、吹くだけで助けを求められる点です。

犯人を警告するようにおもいきり吹いてください。

5. LEDライト(小型懐中電灯)

最近では、点灯によって暗い夜道でも自分の場所を知らせられるといった目的で、LEDライト付の防犯ベルやホイッスルも増えています。

LEDライトは、接近戦で、直接相手の目に照射して近づけると、眼球に勢いよく大量の光が入射するので、まぶしさによって犯人の手をゆるませることができます。これは、逃げる隙を作るのに有効です。