ヤギはどうして奇妙な目をしているのか?

2017年4月21日

ヤギの目をじっと見たことはありますか?なんだかとても奇妙な目をしていますが、それもそのはず、瞳孔が水平(横向き)に細長いのです。

実は、ヤギの目は、丸い瞳孔をもつ人間が嫉妬してしまうような優れた能力をもっています。

ここでは、カリフォルニア大学バークレー校とダラム大学が、数多くの動物の眼球を研究して分かったヤギの目についての非常におもしろい瞳孔の特徴と役割を紹介します。

山羊と他213種の陸上種の瞳孔形状を調べた結果、自然界での「食う食われるの関係」や「目線」によって、瞳孔の形や大きさの進化はそれぞれに異なり、生物学的に重要な役割を果たしてきたことが分かってきました。

ヤギの目が奇妙な理由

どうしてヤギは、縦に長いスリット状の瞳孔をもつのでしょうか?それは、一言でいうと、自然界で生き抜くためです。

細長い瞳孔は、ヤギに広い視野を与えて、様々な方向から接近してくる捕食者を素早く見つけやすくします。また、真正面にある物体の画質を向上させる効果もあり、逃げるときに周りを見渡すのを助けて、荒れた地形をすばやく移動するのに役立ちます。

しかもヤギの目は、約50度近く回転できるようにもなっています。この角度は、なんと人間の10倍に相当します。

これは、頭を下げて草を食べるときに目を回転させて、目のスリットの角度を常に地面とほぼ平行に保つことで、立っているときと同じ視界を保つためのものだと考えられています。

また、細くて平らな瞳孔は、薄暗い環境でより多くの光を取り込めるだけでなく、上からの光を吸収しにくくするため、人間のように昼間の太陽によって目がくらむようなこともありません。ゆえに、夜行性、または、昼夜を問わず活動する種には、この細長いスリット状の瞳孔が多いといわれています。

それでは、スリット状の瞳孔の向きが垂直、または、水平のどちらかで、斜めの種がいないのはなぜなのでしょうか?スリットの角度には一体どのような意味があるのでしょうか?

肉食動物と捕食される動物の目の違い

水平(横長)に細長いスリット状の瞳孔をもつ眼球は、ヤギだけでなく、馬やヒツジ、シカなど、捕食される動物に多く見られます。

対照的に、ライオンやイリエワニのような捕食者の目は、垂直方向に割れ目のようにあるスリット状の瞳孔や丸い瞳孔が多いといわれてます。

そして、この垂直に細長い瞳孔をもつ動物は、地を這うように歩くワニやヘビ、トカゲ、ネコのように比較的地面に近い位置で活動する傾向があることが分かってきました。

実のところ、垂直に細長い瞳孔は、捕食動物が獲物との距離を把握するときの知覚能力を高めるのに役立ちます(カメラでいうとピントがあう奥行の幅が広い状態)が、地面から遠く離れてしまうと、この奥行感覚が低下してしまいます。

そのため、トラやオオカミのように目線が高い(脚が長くて背が高い)捕食者は、丸い瞳孔を持つと科学者は考えています。

一般的に、垂直に長いスリット状の瞳孔は、細い瞳孔を広げる幅が大きく、光をたくさん集められるため夜行性のハンターに多く、夜間の狩りでも見えやすくしています。

それに対して、人間の丸い瞳孔は、あまり広げることができないので、夜行性動物ほど夜間の視界はよくないのです。

参照元