動物・生き物

動物・生き物

手品で鳥はだませるのか?科学者が暴いた人間と鳥の意外な反応の違いとは

今回は、イギリスの名門ケンブリッジ大学の心理学者チームが、ありふれた手品で、鳥をだませることを証明したユニークな科学的成果を紹介します。この研究は、人間を欺く手品の技術を、他の分類群がどのように認識しているかを調べた初めての研究です。
動物・生き物

深海のエビはなぜ熱水で暮らせるのか?

深海の海老たちは、熱さに負けずに生きているだけでなく、高温だからこそ生きています。今回は、深海のエビが、どのようにして400度にもおよぶ熱水域で生育しているのかについて紹介します。この熱水域では、エビの立場が逆転し、エビが熱いシーフード料理を食べて暮らしているのです。
動物・生き物

カバは草食動物なのになぜ強いの?噛む力や攻撃力の秘密とは

カバは動物園で見る限り無害に見えるかもしれませんが、決してそうではありません。あのマサイ族でさえ、ライオンよりカバを恐れるといわれ、アフリカでは、年間約500人がカバに命を奪われています。その数はなんとライオンの2倍。さっそくカバの強さの秘密を紹介しましょう。
動物・生き物

タコは人間を認識する?驚くべきタコの能力

どうやらタコは、私たちが思っている以上に賢く、いたずら好きであるようです。では、タコは人間をどの程度まで認識しているのでしょうか。さっそく下記に、同じ制服を着た2人の人間に対するタコの反応を示した研究を紹介します。
動物・生き物

プクっと膨れたフグのお腹の中はどうなってるの?

お腹を膨らませたフグは、一見制御不能な状態で水中を移動しているように見えますが、フグの中を覗いてみると、その脅威に驚くでしょう。フグは風船ではありません。その中にあるのは空気ではなく、水。今回は、フグが敵から身を守るために身に着けた恐ろしい体の機能について紹介します。
動物・生き物

シマウマは何色?シマ模様はどうやってできたのか?複雑な生物学を解いた戦時中の暗号解読者

シマウマの縞模様はどこから来たのか、なぜこのようなパターンが可能なのか?これを解明したのは、戦時中のナチスドイツの暗号「Enigma」を解読した有名な暗号解読者。彼は、DNAの言語ではなく、数学で書かれたシンプルなコードで、生物の複雑で予測不可能な世界を解読したのです。
動物・生き物

アヒルの羽は油がなくても水をはじくことができた【羽の構造の秘密】

アヒルのような水鳥が、水をはじくために羽を(しっぽの付け根から出る)油でコーティングするのは有名ですが、実は、油がなくても、羽の構造自体が水をシャットアウトできることを知っていますか。なんと、アヒルの羽の構造自体に水をはじく仕組みがあったようです。
動物・生き物

なぜペンギンは南極だけで、北極にはいないのか?ペンギンが飛べなくなった理由とは

なぜペンギンは、南極だけで北極にはいないのでしょうか?北極のホッキョクグマと南極のペンギンをなんとかして一緒に見ることはできないのでしょうか?かつて、北極圏に生育していたとされるペンギンらしい生き物の正体とは?そこで今回は、なぜ北極にはペンギンがいないのかについて科学的な研究をもとに分かりやすく紹介します。どうやら、過去には数種類のペンギンを北極圏まで運んだ冒険家がいたようですが、十数年後にはペンギンは姿を消してしまったようです。
動物・生き物

科学者が驚いた「カナリアの病気の予防方法」とは

鳥かごのカナリアには、仲間が病気になってもソーシャルディスタンスという選択肢がありません。しかし、カナリアの免疫システムは、病気の鳥を見ただけで自動的に発動し、感染を防ぐために免疫力をアップさせることができるようです。これは将来、人間の集団感染を防ぐ方法のヒントになるかもしれません。
動物・生き物

フェレットはなぜ柔軟なのか?地下をスピーディーに移動する能力

フェレットは、細長い体をまるで液体化したように柔軟に動かして、地下のトンネル内を縦横無尽に方向転換しながら、スピーディーに移動できます。フェレットのユニークな体形は、90%を地下で過ごす動物にとって非常に重要です。