動物・生き物

動物・生き物

科学者が驚いた「カナリアの病気の予防方法」とは

鳥かごのカナリアには、仲間が病気になってもソーシャルディスタンスという選択肢がありません。しかし、カナリアの免疫システムは、病気の鳥を見ただけで自動的に発動し、感染を防ぐために免疫力をアップさせることができるようです。これは将来、人間の集団感染を防ぐ方法のヒントになるかもしれません。
動物・生き物

フェレットはなぜ柔軟なのか?地下をスピーディーに移動する能力

フェレットは、細長い体をまるで液体化したように柔軟に動かして、地下のトンネル内を縦横無尽に方向転換しながら、スピーディーに移動できます。フェレットのユニークな体形は、90%を地下で過ごす動物にとって非常に重要です。
動物・生き物

なぜザトウクジラとアメリカグマは絶滅危機を逃れ、数が増えているのか?

人間によって、生存に必要な資源が少しずつ奪われていく動物たち。特に大型動物にとっては生きにくい現代ですが、例外もあります。アメリカグマとザトウクジラの個体数は、2つの強力な戦略によって回復し、衰える気配がありません。彼らの
動物・生き物

ヘビのウロコが人工義足やシューズ作りのヒントに

股関節のない生き物から人工股関節のヒントを得るなんて不思議ですね。しかし、既存の義足はどうしても人間が本来もつ関節に比べて接触部分の摩擦が大きいというデメリットを改良するときに研究者が頼りにしたのはヘビ。
動物・生き物

電気ウナギの攻撃から生き残る方法はあるのか?サバイバルテクニック

今回は、電気うなぎが、なぜ、どのようにして人間にショックを与えるのか、また、彼らの電気ショック攻撃によって、私たちはどのような影響を受けるのか、電気ウナギの攻撃から逃れる術はあるのかについて紹介します。
動物・生き物

ワニが獲物を食べる時に流す「涙」は、ウソ泣きではなかった

「ワニが獲物を食べる時に自責の念から涙を流す」という逸話を聞いたことがありますか?「自責の念」という部分は確かに迷信ではありますが、研究者は、ワニが、食べる時に目をうるませるのは生物学的な事実に基づいていることを明らかにしました。
動物・生き物

トマトが話せる?トマトのコミュニケーション方法とは

近年、ブラジルの研究者が発表した論文によって、植物と果実は一方通行ではなく、互いにコミュニケーションを取り合っていることが分かりました。トマトは、飢えたイモムシに襲われているときに、親株に救難信号を送ることができ。植物もそれに応えるというもの。一体植物はどのようにコミュニケーションをとっているのでしょうか。
動物・生き物

「ネコは人間にしか鳴かない」って本当?

「猫は人間にしか鳴かない」って聞いたことはありますか?彼らは本当にネコ同士や他の動物に向かって鳴くことはないのでしょうか?今回は、ネコの鳴き声が人間のためだけにあるといわれる理由や鳴き声の原因について少しずつ分かってきたことを紹介します。
動物・生き物

クマはなぜ鮭のほとんどを食べずに捨ててしまうのか?

グリズリーは、平均して、1年間に獲った魚の約半分を捨てています。さて、クマにとって魚を捕るのは本当に大変で、その時間と労力を無駄にするのは意味がないように思いませんか。今回は、グリズリーがせっかく捕まえた鮭の半分以上を捨ててしまう理由について生態系に与える影響も合わせて分かりやすく紹介します。
動物・生き物

霧を飲む植物「世界一高い木」はどうやって乾期を生き抜くのか

112m以上にもなる世界一高い木、セコイアの生育地には乾期があります。今回は、セコイアの木が、根以外の秘密のところで水を飲む仕組みに注目し、彼らが「霧」を利用した素晴らしいアイデアで乾期を力強く生き抜く姿を紹介します。