窒息の最もよい対応法は、もはや「ハイムリック法」ではない!

目の前の人が、急にのどに物を詰まらせて苦しそうにしはじめました。さて、このような場面に出くわしたとき、あなたはどのように対処すべきか知っていますか?

窒息した人の命を助けられるかどうかは、まさに時間との勝負です。

その人のチョークサイン(両手の親指と人差し指で喉を抑えるという世界共通の窒息の合図)に気づき、救命処置を施すまでをたったの数分間で行わなければなりません。

以前は、窒息事故が起きた場合は、すぐに救急車を呼び、「ハイムリック法」という応急処置を行うといわれていましたが、そのやり方は2006年から変わりました。どうやらハイムリック医師による策略に多くの人が惑わされていたようです。

ここでは、窒息事故が起きた場合の正しい対応方法「背部叩打法(はいぶこうだほう)と腹部突き上げ法によるファイブ・アンド・ファイブ」について、米国赤十字社による新しいガイドラインの沿って分かりやすく紹介します。

窒息時の最善の対応方法だと信じられていた「ハイムリック法」

気道をなんらかの異物がふさいで引き起こされる窒息事故には、1974年に医師ヘンリー・ハイムリック氏によって紹介された「ハイムリック法」と「背部叩打法(はいぶこうだほう)」と呼ばれる2つの対応方法がありましたが、背部叩打法に関しては、長い間危険を伴う可能性があると信じられてきました。

しかし、近年、ハイムリック法が必ずしも最善の応急処置法ではなく、「背部叩打法」も同様に、有効な手段になり得るといった考え方が世界的に受け入れられるようになりました。

それどころか、現在は、オーストラリアなど一部で、ハイムリック法による対応は科学的根拠が明確ではなく、かえって腹部の臓器を傷つける恐れがあると推奨していない国もあります。

また、乳幼児や妊婦に行うことは禁止されています

なぜ「背部叩打法」はあまり浸透しなかったのか

以前は、「背中を叩く」と、異物が余計に気管の奥深くに入っていくからよくないと考えていた人が多かったようです。

しかし、それは、ヘンリー・ハイムリック医師によって、長きにわたってでっち上げられてきた作り話だったのです。

ヘンリー・ハイムリック医師の一番下の息子ピーター氏によると、「ハイムリック法を見出した父(ヘンリー氏)は、背部叩打法を「致死的な打撃」だと公然と非難し、長い年月をかけて信頼性を傷つけることに努めてきた」と述べています。

ヘンリー氏は、背部叩打法に関する80年代の研究にも資金を提供しており、「窒息による犠牲者を助けるどころか、より一層傷つけてしまう」といった虚偽の報告を促していた疑いもかけられています。

しかし実際には、ハイムリック法と背部叩打法のどちらの応急処置方法がより効果的なのかを裏付けるような価値ある科学的な根拠はありません。

窒息時の救命処置法が変わる

言うまでもなく、ハイムリック医師の疑問の残る行動は問題となり、2006年、米国赤十字社の応急処置法のガイドラインに大きな変化をもたらしました。

それまで、米国赤十字社は、20年間にわたって、窒息の処置法としてハイムリック法のみを推奨してきましたが、「ハイムリック」という言葉を削除し、「腹部突き上げ法」と改名しました。

そして、窒息による被害者の命を救うために推奨している応急処置方法を下記で紹介する「ファイブ・アンド・ファイブ」と呼ばれる2段階のプロセスに変えました。

窒息の正しい応急処置方法

異物が気道をふさいでしまう窒息事故は、呼吸ができなくなる状態が続くと、最悪な場合、窒息死してしまいます。

しかも、酸素が各器官に送られない時間が長ければ(約3、4分)、それだけ脳などの内臓組織に後遺症が残る可能性も高くなってしまうので、応急処置は、まさに時間との勝負です。

基本的には、胸腔内に空気の圧力がかかるように押して、気道から異物を取り除く2つのステップを踏んだやり方で対処していきます。

手順(優先順位)について

周囲に人がいる場合は、119番通報をしてもらい、自分は、すぐに救命処置に入りましょう。

多くの場合、喉を詰まらせた人がパニックに陥ることが多いので、今から助ける盲を伝えて落ち着かせてあげましょう。

なかには、無理に咳をしてもらうだけで異物が取れることもあるので、最初に強制的に咳をしてもらった後、下記の手順に移ります。

ステップ1. 「背部叩打法」5回

背後から患者の胸元を抱きかかえるように片手をそえて、反対の手のつけねで、左右の肩甲骨の中間地点を異物が出てくるまで強く叩きます。

背後から叩くことによって(抱えている手と叩く手の)前後から圧力をかけて、気道の異物を出す方法です。

もし、5回強く叩いても、窒息状況が改善しない場合は、次のステップに移ります。

ステップ2. 「腹部突き上げ法」5回

まず、患者の背後に回り、片手で握りこぶしを作り、親指をへそとみぞおちの中間点くらいにあてます。

そして、反対の手で、握りこぶしを包み込みます。

横隔膜を上側に持ち上げるようにしてグっと腹部を突き上げて圧迫します。このとき、肋骨(あばら骨)が圧迫されると骨折する危険性があるため、必ず胸骨ではなく、横隔膜を圧迫するようにしてください。

これによって、肺が圧迫され、気道の異物が空気圧によって出てきやすくなります。

5回行っても状況が改善されない場合は、ステップ1に戻って繰り返してください。

患者が意識不明状態になったときの対処法

患者が意識を失ってしまった場合、酸素欠乏状態にならないように、すばやく人工呼吸を行い、胸部を圧迫します。

やり方

  1. まず、患者のアゴを上げて、頭を後方に傾けて軌道を確保します(空気の通り道を作る)。
  2. 鼻をつまみ、患者の口を全てふさぐようにして約1秒間息を吹き込みます。その後、心臓マッサージを強めに速く30回行います。
  3. 異物が見えてきたら、指で取り出します。異物が見えないときは、決して無理やり手を突っ込んで取ろうとしないでください。

息を吹き込むことによって胸腔内の圧を高めると異物が出てくる可能性があります。

もし、息を吹き込んでも(気道の異物が妨げとなって)胸元が膨らまない(上がらない)場合は、再度繰り返してください。

窒息は、時間との勝負です。早く行動できれば、その人の人生を救える可能性が高くなります。