食べ物になるのは牛の体の60%。その他の部位は何になるのか?

2018年11月16日

牛といえば、サーロイン、ブリスケット、ティーボーン、ショートリブ、または単に「牛肉」として最も知られています。

しかし、私たちが使う日常製品には、その他にも「牛」からできているものが驚くほどたくさんあることをご存知ですか?

実のところ、食糧品として消費される牛肉は、牛の一部分だけで全体の60%にすぎず、残りの40%は、口紅からジェット機の燃料までさまざまな製品に使われています。

ここでは、牛が人間に供給している私たちの身の周りの驚くべき製品の数々について、全米肉牛生産者協会が明らかにした調査をもとに紹介します。

牛の脂肪

まずは、至る所で使われている牛の脂肪の話から始めましょう。

牛の脂肪分は、肉屋でみられる牛脂(食用油脂)に終わらず、獣脂(じゅうし)としてさまざまな場面で活用されています。

獣脂に含まれる脂肪酸は、滑らかな油性の粘り気があるため、ボディークリームや化粧品、石鹸、または、歯磨き粉などの質感を高めるために使われています。

獣脂はまた、自動車に使用する不凍液(凍結防止剤)やブレーキオイルの潤滑油として、さらにはアメリカ空軍のバイオ燃料などにもなります。

牛の部位ごとの用途

あまり知られていないところでは、牛は生命を救う医薬品をも支えています。

たとえば牛のインスリンは、人間とほぼ同じであるため、膵臓は、糖尿病患者のインスリン注射といった特定の救命用医薬品になっています。

同様に、副腎は特定のステロイド薬で、軟骨は骨関節炎に苦しむ人々のための薬を作るのに役立ち、肺はヘパリンのような抗凝血剤に使われます。

医療から少し離れたところでは、整形手術でアンチエイジング目的で打たれるコラーゲン注射の成分も牛から作られています。

牛の骨や革を沸騰させてつくられるゼラチンにおいては、マシュマロやキャラメル、グミ、ジャムのような食べ物に、特有のガムのような食感を与えるのにも役立てられています。

次に、牛が生産する牛乳についてふれていきます。

なぜ牛は乳をつくり続けられるのか?

今日、メスの乳牛は大量のミルク(牛乳)を生産するために飼育されています。

牛も人間と同様に、出産後に子を育てるために乳を生産しますが、家畜として飼育される乳牛の場合、牛乳を生産するために1頭の子牛を出産する必要があります。

一般的に、乳牛は、出産から3ヶ月以内に人工的に授精され、次の子を妊娠します。つまり妊娠しながら、乳を提供しているのです。

一方で子牛は、出生後数週間で母親から離されて人工的なえさが与えられます。

このようにして平均して4、5回出産して母乳を生産し続けた牛は、その後畜殺され、食肉用として出荷されることになります。また、乳を生産しない場合も食肉となります。米国の牛肉の20%は乳牛からのものだといわれています。

私たちが毎日牛乳を飲める仕組みは、数多くの乳牛によって支えられたものだったのです。

乳牛の実態

世界にはおよそ2億5千万の乳牛がいます。

北米には約1,000万頭の乳牛、EUでは2300万頭、オーストラリアとニュージーランドでは600万頭の乳牛が飼育され、今日の中国では1200万頭を超えるといわれています。

酪農産業は、ミルクの生産量を増やすためにさまざまな取り組みを行い、過去40年間で牛1頭あたりの生産量は倍以上になりました。

個体差はありますが米国では、平均的な乳牛は1日に7ガロン(26.5リットル)以上のミルクを生産し、1年で出す乳の量は、平均で約8,000キロだといわれています。

実のところ、母牛が、自然なかたちで子牛を育てるだけであれば、1日に約1ガロン(約3.8リットル)の乳しか必要ありません。

また、自然な生活をした場合、牛は20年以上生きることができますが、継続して乳を生産し続けた乳牛はその4分の1しか生きることができないといわれています。

そして、大規模な事業で飼育されている乳牛のほどんどは、牧草地に放たれることなく、牛舎に収容されており、これは「ゼロ・グレージング(zero grazing)」として知られ、ますます増加する一方で、乳牛の福祉問題にもなっています。

最後に

米国には727,000以上の牛の牧場があり、毎年約3,000万頭の牛が上記のような目的で処理されています。

通常、牛といえば焼肉について考えますが、私たちが知らないところで、日々の生活の中にさまざまな形で存在していることを考えると、牛への見方も変わってくるのではないでしょうか。

その他の参照元:
ABOUT COWS