大きな古時計|Grandfather's Clock

2010年1月15日

「大きな古時計|Grandfather's Clock」は、持ち主であるおじいさんの死と同時に止まってしまったジョージ・ホテルの古時計の実話をもとにした童謡です。

ジョージ・ホテルのロビーには、時を正確に刻む大きな木製の時計がありました。その時計は、ホテルの経営者であった二人の兄弟のうち、兄が亡くなった時から狂い始め、弟が亡くなった時刻を指して、時を刻むのを全くやめてしまいました。

アメリカの作曲家Henry Clay Work(ヘンリー・クレイ・ワーク)が、このジョージ・ホテルに滞在した時に、この話を聞いて作曲したものです。後に、この歌には続編「Sequel To MY GRANDFATHER'S CLOCK」も作られました。

ここでは、英語の歌詞と和訳、歌の内容をアニメーションで表現した動画を紹介します。

ちなみに、日本語の歌詞では「100年休まずに時を刻み続けた」とありますが、英語の歌詞では90年間となっています。

歌詞 和訳

My grandfather's clock was to large for the shelf,
so it stood ninety years on the floor.
It was taller by half than the old man himself,
though it weighed not a pennyweight more.

おじいさんの時計は、とても大きくて、棚には置けなかったので
もうかれこれ90年間も床の上に置かれている
時計の高さは、おじいさんの背よりも半分以上大きかったが、
重さはおじいさんと全く一緒だった

It was bought on the morn of the day that he was born,
and was always his treasure and pride.

おじいさんが生まれた日の朝に買われてきた時計で、
ずっとおじいさんの宝物であり、誇りだった

But it stopp'd short, Never to go again,
When the old man died

でも、止まって動かなくなった
おじいさんが亡くなってしまったそのときに

Ninety years without slumbering tick, tick, tick, tick,
His life seconds numbering, tick, tick, tick, tick,
It stopped short never to go again
When the old man died.

90年間休むことなく チクタクチクタク
おじいさんの時を刻み続けた チクタクチクタク
止まって動かなくなった
おじいさんが亡くなってしまったそのときに

In watching its pendulum swing to and fro
Many hours had he spent while a boy;
And in childhood and manhood the clock seemed to know,
And to share both his grief and his joy.
For it struck twenty-four when he entered at the door,
With a blooming and beautiful bride.

おじいさんは子供時代からこの時計を眺めて過ごした
どんな喜びも悲しみもいつも共にしてきた
だから、おじいさんがとってもきれいな花嫁さんを連れてきたときは、
時計が24回鳴ったんだ
おじいさんを祝福するように

But it stopp'd short, Never to go again,
When the old man died

でも、止まって動かなくなった
おじいさんが亡くなってしまったそのときに

Ninety years without slumbering tick, tick, tick, tick,
His life seconds numbering, tick, tick, tick, tick,
It stopped short never to go again
When the old man died.

90年間休むことなく チクタクチクタク
おじいさんの時を刻み続けた チクタクチクタク
止まって動かなくなった
おじいさんが亡くなってしまったそのときに

My grandfather said, that of those he could hire,
Not a servant so faithful he found.
For it wasted no time, and had but one desire,
At the close of each week to be wound.
And it kept in its place, not a frown upon its face,
And its hands never hung by its side.

おじいさんは言ってたんだ
時計ほど信頼できるものはいないと
時間を無駄にしないし、嫌な顔ひとつぜず怠けることも無い
時計の望みは唯一つ
週に1回ねじを巻いてもらうだけ

But it stopp'd short, Never to go again,
When the old man died

でも、止まって動かなくなった
おじいさんが亡くなってしまったそのときに

Ninety years without slumbering tick, tick, tick, tick,
His life seconds numbering, tick, tick, tick, tick,
It stopped short never to go again
When the old man died.

90年間休むことなく チクタクチクタク
おじいさんの時を刻み続けた チクタクチクタク
止まって動かなくなった
おじいさんが亡くなってしまったそのときに

It rang an alarm in the dead of the night,
And alarm that for years had been dumb.
And we know that his spirit was pluming for flight,
That his hour of departure had come.
Still the clock kept the time, with a soft and muffled chime,
As we silently stood by his side.

おじいさんの時計が真夜中に鐘を鳴らした
もう何年も鳴ってなかったのに、そして皆悟ったんだ
おじいさんの魂が天へ昇る時がきたことを
時計は、なんともやさしい音色の鐘を鳴らしてたよ
僕たちがおじいさんの側にいる間ずっと

But it stopp'd short, Never to go again,
When the old man died

でも、止まって動かなくなった
おじいさんが亡くなってしまったそのときに

Ninety years without slumbering tick, tick, tick, tick,
His life seconds numbering, tick, tick, tick, tick,
It stopped short never to go again
When the old man died.

90年間休むことなく チクタクチクタク
おじいさんの時を刻み続けた チクタクチクタク
止まって動かなくなった
おじいさんが亡くなってしまったそのときに