宇宙で銃を撃つとどうなるのか?

2017年4月24日

宇宙は、地球と違って、音が存在しない(伝わらない)空間なので、銃を撃っても銃声はでません。

それでは、もし、宇宙で銃を撃った場合、撃った弾は、そして、あなた自身には、一体なにが起こるのでしょうか?

実は、銃口を自分に向けてないにもかかわらず、結果的に「自分自身を撃ってしまった」という可能性が起こり得るのが宇宙です。

ここでは、宇宙空間で銃を撃ったときに、何が起こるのかについて分かりやすく紹介します。

宇宙で銃を撃った人はどうなるのか?

ほとんど真空の宇宙空間では、音の振動を伝えるための空気が存在しないので、私たちが想像するような大きな銃声を耳にすることはありません。

ニュートンの「運動の第3法則(うんどうのだいさんほうそく)」によると、銃弾を一方向に向けて放った場合、銃の反動で、あなたは、銃の向きと逆方向にふき飛ばされます。

「運動の第3法則」とは、物が一方に力を受けた場合、反対向きにも力を及ぼすことで、作用・反作用の法則ともいわれています。

それでは、どれくらいの速さであなたは宇宙をふき飛ばされていくのでしょうか?

弾丸速度と人がふき飛ばされる速さ

宇宙空間での弾丸速度と人がふき飛ばされる速さについて、下記に、AK-47と呼ばれる自動小銃とsmith & wesson(スミス&ウェッソン、以下S&Wと示す)の拳銃を比較して紹介します。

AK-47の弾丸の砲口初速(銃の砲口から弾が発射するときの速度)は、時速2575キロに及ぶといわれています。そのため、この銃を前方に向けて撃った場合、その反動で、あなたは時速0.1キロの速さで反対側(後方)にふき飛ばされます。

一方で、S&W(0.50口径)の弾丸は、時速2140キロの速さで発射し、弾丸重量が7.9gのAK-47に対して、19.4gと倍以上の重さがあるので、進むスピードは遅くなります。

しかし、銃弾の重さが2倍以上であることは、撃った人間に倍以上の反動がかかることを意味し、それだけ反対側に飛ばされるスピードは速くなります(時速0.219キロに相当)。それは、アメフトの競技場内を端から端まで約30分で移動するには十分な速さです。

結論

宇宙空間で銃を撃つ場合は、どのような拳銃を用いるにしても、撃つ方向には十分に注意しなければなりません。

なぜなら、撃った弾丸がちょうど地球の軌道にのってしまった場合、地球を一周して、自分が撃った弾に背後から撃たれてしまうことにもなり得るからです。

しかも、宇宙空間には空気抵抗がないので、自分が撃った弾に、背後から撃たれるまでに時間はあまりかかりません。