カビが生えたパンはきれいな部分でも食べてはいけない理由

2019年1月11日

目の前にはおいしそうなサンドイッチ。

2枚の食パンに挟まれたレタスにトマトにチーズ、卵。

一口かぶりつきそうになったそのとき、パンにカビを発見。さぁ、あなたならどうしますか?

幸いにも、一部のカビを避けてしまえば、きれいな部分だけ食べられそうです。

しかし、残念ながら、一部でもカビが生えてしまったパンには、きれいな部分なんて存在しません。カビは、キノコと同じ真菌類だからです。

ここでは、カビの生えたパンを食べてはいけない理由について、真菌(カビ)の仕組みをもとに科学的に分かりやすく紹介します。

パンに生えた真菌(カビ)の実態

おそらく、パンの表面に生えたカビは、簡単に見つけられるでしょう。この青みを帯びた色は、たいていカビが繁殖するためにばらまく胞子の色だといわれています。

しかし、実際には、パンの内部では、目には見えないほど細い糸状のカビの「菌糸」が、無数に枝分かれしながら広がった膨大な地下ネットワークを張り巡らせているのです。

想像するだけで、気持ちのいいものではありませんね。

そこで、あなたは、同じ袋内にある他の食パンでサンドイッチを作り直そうとするかもしれませんが、それもおすすめできません。

なぜなら、カビが生えたパンで実際に起こっていることは、カビの増殖の一過程にすぎないからです。

カビが生えたパンと同じ袋内のパンも食べない方がよい理由

空気中には、1平方メートルあたり何百ものカビの胞子が浮遊しているといわれています。1gのほこりでいうとそれは10万以上にも相当します。

パンに着地したカビの胞子は、そこで発芽し、パンから栄養を吸収しながら菌糸を伸ばして、先端に胞子のうを形成します。そして、胞子のうで作られた胞子を撒き散らして増殖を繰り返すのです。

無数にある胞子のうは、それぞれが何万もの胞子を放出するので、パンが入った袋の内部は、既に真菌(カビ)であふれている可能性が十分に考えられます。

どうやら、カビが目に見える部分だけを捨てるという行為はムダなようです。

カビが生えたパンを食べるリスク

そうはいっても、私たちはわざとカビを口にすることがあります。私たちが好んで食べるチーズや醤油、さらにはペニシリンのような命を救う抗生物質の製造に用いられるのもカビの仲間なのです。

世界初の抗生物質であるペニシリンが、偶然にも他の菌を培養中のペトリ皿(シャーレ)に付着したアオカビがつくる特殊な抗菌物質から発見されたことはよく知られています。

そう考えると、パンについたカビを食べる程度なら大丈夫な気がするかもしれません。

しかし、それは山できのこを食べるのと同じように危険な賭けでもあるのです。野生のきのこには、食べても大丈夫な種が数多くありますが、なかには致命的な毒性を持つきのこもあります。

同じように、カビにも何万もの種類があり、それらの多くが人体には無害である一方で、毒性が高いものも存在します。

食べ物に発生する種のカビは数多いため、アオカビだけでなく、それらの悪い影響を及ぼす有毒なカビも混ざっている可能性が十分に考えられるのです。さらに、残念ながらその食べ物が安全であるか見分けることは不可能なのです。

カビ毒を産生するおそろしいカビ

身近なところで、空中で最もよく検出されるクラドスポリウムと呼ばれる黒カビは、人体に付着してアレルギーを引き起こすことがあります。

その他にも、ペニシリウムのように「マイコトキシン」と呼ばれる毒性物質を作るカビもいます。2005年には、このカビ毒に侵されたスープ缶を食べた老夫婦が、激しい筋肉の震えの襲われて病院に運ばれました。

幸いにもこの老夫婦は助かりましたが、なかには人を死にいたらしめる感染症を引き起こすカビもあります。

デンプンを分解する力に優れており、パンにもよくみられるカビのひとつ「クモノスカビ」です。このカビは、黒い斑点を伴う青緑色が特徴的で、まれに、「ムーコル症(接合菌症)」と呼ばれる人を死に至らしめるほどの感染症を引き起こすことがあります。感染すると、血液を凝固させて酸素の運搬を阻害し、細胞を壊死させてしまうのです。

おそろしいのは、カビ毒が熱に強く、食べ物を焼いたり、茹でたりと過熱調理しても分解することが難しいことです。バクテリアとは違い、たとえ毒を産生したカビ自身が死んでも、毒性はそのまま残ってしまうのです。

まとめ

私たちの周りには、目には見えない「カビ」がありとあらゆるところに存在しています。

仮にパンにカビが生えてしまった場合、それは安全な種かもしれませんが、カビ毒を産生する種が混ざっている可能性も十分に考えられるのです。

カビの菌糸は、肉眼ではなかなか確認できないからこそ、食べ物を口にする前に、それがリスクに見合う価値があるのかをもう一度考えてみてください。

こちらもどうぞ: