「ゴミ箱」から消去したデータはすぐにはなくならない理由

「ゴミ箱」から消去したデータはどこに行くの?もしものときに役立つ知識

あなたは今までコンピューターから何かを削除するときに、実際に何が起こるか疑問に思ったことはありませんか?

実際には、コンピュータからファイルを完全に削除することは、その言葉通りに簡単ではありません。

ゴミ箱を空にしたからといって、必ずしもデータが無くなっているわけではないからです。

今回は、日頃よくある疑問「ゴミ箱を空にしたときにデータはどうなったのか」について紹介します。

「必要なファイルまで間違えて消去してしまってた」

これは誰もがやってしまうミスですが、もしかしたらデータを復旧させて取り戻すことが可能かもしれません。

コンピューターのゴミ箱を空にするとは?

あなたのコンピューターにとって、「ゴミ箱にファイルを入れること」は、そのドキュメントを保存するディレクトリを変更するだけです。

そこからさらにゴミを空にすることは完全にあなたのコンピュータからファイルを削除することを意味しません

まず、削除したデータは、マスターファイルテーブル(MFT:Master File Table)と呼ばれているもので管理されています。

MFTは、ファイルがどこにあるかをオペレーティングシステムに伝える地図のようなものです。

あなたが、ゴミ箱を空にした場合、MFTは、データがハードディスクに保存されていた場所を空き領域としてマークしますが、ファイルのデータはまだ削除しません。

ハードディスクのその領域が何かに上書きされるまでそれは起こらないので、完全なる削除までは時間がかかります。

それが、ゴミ箱から削除されたいくつかのファイルデータが残っており、復元できることがある理由です。

データの復旧はできる可能性がある

一度削除し、データ領域に残されたデータを読み出すためには、復元ソフトなどのツールを利用します。

ただし、他のファイルをダウンロードしたり、インストールしたりすると復旧させる前に上書きが起きてしまう可能性はあります。

ハードディスクの空き容量が少ないと、インターネットを使用するだけで上書きされることもあるのです。

そのため、もし、誤ってゴミ箱から必要なデータを削除してしまったなら、復旧までのコンピューターの使用量(空き容量に比例)がデータを取り戻すカギとなるでしょう。

データの削除についてまとめ

いずれにせよ。誤って削除したくないデータに関しては、定期的にバックアップしておくことをおすすめします。

逆に、あなたがそのデータをすぐに削除したい場合は、windows11に標準装備されている「cipherコマンド 」をはじめ、古いデータの上書きしたり、MFTを含むハードドライブから全てのデータの消去したりを可能にするソフトウェアツールも多数あります。

参照元:https://youtube.com/shorts/mQEYzzK5cWQ?feature=share