郊外のショッピングモールが突然の大雨に襲われやすいのには理由があった!

周囲との温度差が雨をもたらす理由自然科学・地球科学

郊外のショッピングモールで買い物をしていたら、なぜか突然に異常な嵐にみまわれることが多い。

実は、それは偶然ではないようです。

大型ショッピングセンターとその駐車場は、基本的にコンクリートやアスファルトの巨大な塊でできていますね。

この巨大な塊は、太陽エネルギーを吸収して熱を空気中に放射するため、ショッピングモールの気温を数度上昇させることがあります。

以前、雲ができ、雨が降る仕組みを紹介したように、気温の上昇は雨をもたらしますが、加えて郊外のショッピングモールの場合、郊外の近隣との温度差が雨を異常なほどの激しさにする可能性があるのです。

今回は、郊外にある大型ショッピングモールや森林が切り開かれた都市で嵐が引き起こされやすい理由について分かりやすく紹介します。

嵐はどうやって発生するのか

温度差が嵐を激しくする理由

ショッピングモールの気温が高くなった結果、暖かい空気は上昇しはじめ、対流圏界面(たいりゅうけんかいめん)と呼ばれる雲の一番上の層を押し上げます。

対流圏界面とは、地上から約10kmまでの成層圏と、そこから約50kmまでの間をいう対流圏が接する境の面のことです。

一方、ショッピングモールに隣接する木々や草は、日陰を作り、蒸発冷却によって地表温度を低く保っています。

ショッピングモールの近隣は、草や木々のおかげで放射熱による対流圏界面の上昇が抑えられ、界面は低い位置に保たれているのです。

この対流圏界面(境目)の位置はとても重要で、界面が高くなると、雲に含まれる水分は凝縮して水滴になります

嵐を生む風や雨が形成される仕組み

同時に、界面が高くなると(地表から境目までの体積は大きくなって気圧は下がるので)周囲の空気の分子が中心に向かって引っ張られ、風が発生します。

つまり、嵐が発生するための絶好の条件が整うのです。

近隣との気温差は異常気象の引き金となる

また、地上の気温が高いほど、湿った空気が上空の寒い大気層に向かって上昇する速度が速くなるので、その中の水分が凍って氷の玉になる可能性が高くなります。

その結果、ショッピングモールの真上に集中し、突然の異常な嵐を起こすのです。

もちろん、ショッピングモールだけでなく、地上では近隣の気温差は異常気象の引き金となります。

たとえば、ヒートアイランドと呼ばれる巨大都市では、並木道のある郊外よりも最大で50%多く雨が降るといわれています。

また、森林が切り開かれた農地では、森林そのものよりも雷雨や竜巻が発生しやすいのです。

異常な嵐を防ぐには

幸いなことに、駐車場や歩道、農地に木を植えて日陰を作り、蒸発冷却を行うといった簡単な方法で、地表の気温をより均一に保ち、異常な嵐をそもそも発生しないように防ぐことはできます。

いいえ、そうしなければ、私たちは、そのうち大きな代償を払うことになるでしょう。

木や草は、ミクロの環境を冷やすだけでなく、地球を温める二酸化炭素を吸収して、地球全体を冷やすのにも役立っているからです。

参照元:https://youtu.be/-zGRodTXcrk