お酒を飲むと頻繁にトイレに行きたくなる3つの理由とは?

2017年10月24日

ある男が、友人と一緒にバーにいます。そこで彼は、ビールを数杯飲んで談話を楽しんだ後、ふとトイレに行きたくなりました。

すると、友人が「行ってはダメよ。一度トイレに行くと、おしっこの封が切られてしまう」と一言。

英語では、これを「break the seal」といい、お酒を飲んで一度トイレに行くと、そこからは封を切ったように、たて続けにトイレに行きたくなるという都市伝説によるものですが、これは、実際に起こり得る現象なのでしょうか?

ここでは、お酒を飲んで一度トイレにいくと、その後のトイレが近くなるという現象について、その原因を中心に科学的な視点で分かりやすく紹介します。

英語でbreak(壊す)と表現されるように、お酒が体の何かを実際に「壊す」わけではありませんが、どうやらお酒は、膀胱に直接影響を与えているようです。

飲酒量が与える影響

人にはそれぞれ、排尿システムにおける基本的な尿の保有量がありますが、お酒を飲む場合、飲酒量が多いほど新しい尿がたくさん作られていきます。

お酒を飲み始めて、まず最初に出されるのは古い尿ですが、飲むペースが速いほど、新しい尿は、つぎつぎと作られていきます。新しい尿は、老廃物が少ないクリーンな尿なので、尿道を滑るようにして速く通過し、膀胱を短時間で満たしていきます。

一般的に、膀胱の水分保有量の平均は、2カップくらいで、膀胱がどれだけ速く満タンになるかは、その人がどれだけお酒を飲んだかによります。

たとえば、ウィスキーをショートグラスで飲むよりも、ビールをグラス1杯飲む方が膀胱は早く満たされるというわけです。

アルコールの利尿作用による影響

アルコールに利尿作用があるのは事実です。

利尿作用とは、通常よりも、体の水分をより多く失わせる働きを意味します。アルコールの利尿作用は、人が脱水状態になるときに、体内に水分を吸収するように腎臓に指令を送る「バソプレシン」と呼ばれるホルモンの分泌をブロックすることによって引き起こされます。

そうなると、体が、実際よりも体内水分量が多いと勘違いしてしまい、通常よりももっと水分を排出しようとします。

最初のトイレタイム後から、おしっこを我慢できなくなる理由

一般的に、水分を摂取するとトイレに行きたくなるのは生理的現象のひとつです。

しかし、研究によって下記のことが新たに分かってきました。

お酒を飲んだ場合、最初のトイレタイムで排尿したときに、脳が爽快感を覚え、その後は、脳から5分や20分おきなど立て続けに排尿を促すような催促が起こることも分かってきました。

そうなると、人は「トイレに行かなければならない」と頻繁に感じるようになるというわけです。

トイレへ行くのを我慢してもいい?

お酒を飲むことはやめられない人が、もしトイレを我慢すると、尿路感染症(にょうろかんせんしょう)のリスクを高めます。

同時に、尿漏れを防いでいる括約筋を損傷してしまう可能性もあります。

まとめ

お酒を飲むと、アルコールによる利尿作用と、短時間に行われる大量の水分摂取がともに組み合わさって膀胱を刺激し、排尿に直接的な影響を与えていきます。

それによって、尿の回数が増えるかもしれませんが、実際にお酒の水分で膀胱が満タンになるのも速くなっているので、トイレは決して我慢しないでください。