本当は危険!尿意を我慢してはいけない理由

2016年11月 8日

膀胱が破裂しそうなくらいトイレに行きたい場合は、どんな理由があっても我慢しないでトイレに行ってください。

恥ずかしがって我慢していると大変なことになってしまいます。

なかには、一度トイレに行くのを我慢すると、尿意が一時的におさまるという不思議な経験をすることがありますが、実はそれは、危険なサインの前兆かもしれません。

ここでは、尿意を我慢することによる危険性について詳しく紹介します。

トイレに行きたいと感じるのはどうして?

一般的な成人の場合、一日の平均的な排尿の回数は、4回から7回だといわれますが、膀胱の許容量や水分の摂取量によって個人差があります。膀胱の許容量は、成人の平均で約450mlで、睡眠時は倍近くになります。

尿が許容量いっぱいになったら、膀胱の壁が伸びて受容体がパンパンに膨れ、脊髄を介して大脳に信号が送られて尿意を感じます。

信号を受けた大脳は、脊髄を介して、排尿を促す指令を出し、排尿筋を収縮して尿道をゆるめることによって、尿が出る仕組みです。

尿意を我慢すると危険な理由

膀胱がんや膀胱を手術した経験がなく、外尿道括約筋と呼ばれる自分で尿を我慢する筋肉が健全であれば、ある程度の尿意は我慢できます。

しかし、尿意を我慢すると、下記のように健康に様々な悪影響を及ぼす危険性があります。

排尿困難、尿閉
排尿に時間を要したり、尿がスムーズに出にくくなる「排尿困難」になり、さらに我慢をし続けると、それに慣れてしまい、膀胱内に尿が大量に溜まっても自覚症状がなくなって、最終的に膀胱が破裂する危険があります。
腎臓の機能が低下
膀胱だけでなく、腎臓にも負担がかかり、腎機能が低下して、尿毒症など様々な病気を引き起こす恐れがあります。
尿路感染症
膀胱内や尿管に尿がたまった状態が続くことによって、大腸菌やバクテリアが繁殖し、尿路感染症になることがよくあります。
主な尿路感染症には、腎盂腎炎(じんうじんえん)や膀胱炎(ぼうこうえん)、尿道炎などがあります。