ドライアイスを食べたらどうなるのか?

ドライアイスを食べてはいけない理由警告!実は危険なこと

名前はおいしそうですが、絶対に食べてはいけないアイス。それが「ドライアイス」です。

ドライアイスは二酸化炭素の固形物であり、-78℃(-109°F)の冷たさ。

実は、世界には、なんとドライアイスをカクテルやアイスクリームに使う人々がいます。

もちろん、安全なのはごく少量に限られ、他の食べ物に混ぜる程度のようですが、もしドライアイスの塊を丸ごと食べたらどうなると思いますか?

以下のように、考えただけで恐ろしい結末が待っています。

ドライアイスの温度

ご存知の通り、ドライアイスの原料は二酸化炭素です。

この気体は-56℃まで冷えます。

しかし、ドライアイスになるためには、さらに冷たくしなければならないので、加圧して液体にした後、-78℃まで冷却して固体に変えています。

あまりにも温度が低いので、ドライアイスを手に取ると、数秒後には、皮膚細胞が凍り始め、死んでしまいます。

では、ドライアイスがどれほど体にダメージを与えるかを知ったうえで、このドライアイスを食べたらどうなるのかを考えてみましょう。

ドライアイスを食べてはいけない理由

ドライアイスを食べるとすぐに、手に感じたのと同じ感覚を口の中で感じるでしょう。

舌や口の組織がチクチクし始め、信じられないほど麻痺したように感じ始めます。

歯のことも忘れてはいけません。

数秒のうちに口全体が凍ってしいます。

ドライアイスを口に含んでいる時間が長ければ長いほど、状況は悪化の一途をたどるでしょう。

そして、最終的には、口の中の感覚を永遠に失ってしまいます。

仮に飲み込んでしまうと、ドライアイスが食道を通過するとき、少しピリピリした痛みを感じ、それから胃に移動。

胃の中に入ると、ドライアイスは熱を持ち、気体の二酸化炭素になります。

ドライアイスは熱を帯びると液体ではなく気体になるからです。

これがドライアイスという名前の由来です。

そしてこのガスが胃の中に入ると、膨満感を感じ始め、鋭い痛みを感じるようになる。

胃の粘膜が凍傷になることも忘れてはなりません。

幸いなことに、このガスによる圧迫感は、げっぷとして吐き出すと和らげることができます。

しかし、ドライアイスを食べ続ければ、ガスの圧力は高まり続け、胃は膨張し、硬くなるでしょう。

破裂する恐れもあります。

お分かりの通り、ドライアイスは絶対に食べたくないもので、保冷剤としての使い方をきちんと守りましょう。

参照元:What If You Ate a Brick of Dry Ice?