警告!実は危険なこと

警告!実は危険なこと

ペットや子供に注意!毒のある身近な観葉植物9種

身近に潜む9つの有毒な植物について紹介します。観葉植物として人気が高いものやさまざまな家庭で見られる身近な植物も多いので、特に家に子供がいる人やペットを飼っている人は参考にしてみてください。植物に潜む危険性に気付くことができれば、防げる事故はたくさんあります。
警告!実は危険なこと

「プラスチック製品を食品用に使うのは今すぐやめるべき」といわれる理由

近年、消費者にとっては、有害な化学物質がどの缶詰やプラスチック製品に含まれているのかを把握するのはほとんど不可能で不安はつのるばかり。そこで、ここではBPAといった目には見えにくい化学物質の実態とともに、私たちがそれらをどのように考え、向き合っていくべきかについて、分子生物学者のBruce Blumberg氏によるアドバイスを中心に科学的に分かりやすく紹介していきます。
警告!実は危険なこと

ペットボトルの水を飲むのをやめたほうがいい理由

もしあなたが、「水を飲むならペットボトルより水道水の方が、安心だし健康的だ」と考えているなら、(井戸水を除き)大半のケースでそれは間違いです。残念ながら私たちは、見事に企業のイメージ戦略にはまり、水道水の1000倍も2000倍もするペットボトルの水を選んでしまうようです。
警告!実は危険なこと

自殺しようとしている人がわかる14の兆候とは?

人が自殺を考えているときに潜在的にあらわれやすい14の兆候について紹介します。身の周りの誰かや友人、家族が自殺を考えていることを確認する方法を知っておくことは、人の命を救うための大切な手段のひとつでもあります。
警告!実は危険なこと

綿棒で耳掃除をしてはいけない理由

綿棒での耳掃除をやめるべき理由について、聴覚学者であり、臨床医学准教授であるWilliam H. Shapiro氏によるアドバイスを分かりやすく紹介します。お風呂上りに綿棒で耳掃除をすると気持ちいいと感じる人は多いようですが、実は、その「きれいになった」感覚はまやかしでしかありません。
警告!実は危険なこと

長距離を走った後の体に起こりやすい4つの恐ろしいリスク

人間が過度に走りすぎた場合に、体になにが起きるのかについて、科学者たちが解明した4つの恐ろしいリスクを中心に分かりやすく紹介します。マラソン(42.195km)のように長い距離を長時間走り続けた場合、人間の体には様々な弊害が生まれます。
警告!実は危険なこと

実は細菌の温床?ヘチマたわしをきれいに保つ方法

ヘチマたわしを使用するなら、必ず知っておきたい注意点について、分かりやすく紹介します。ヘチマたわしで身体を洗うと、血行促進や古い膚角除去効果で、肌が健康になるともいわれていますが、実は、目には見えない落とし穴があります。
警告!実は危険なこと

宇宙(地球の周り)のゴミが超臨界に達するとき

私たちの知らないところで、宇宙のゴミが、人間の手によって、近い将来急速に増加しようとしています。ここでは、宇宙にたくさん存在するゴミの正体や、近い将来起こるであろうといわれている悲劇について紹介します。地球を取り巻く宇宙環境は、果たしてどうなるのでしょうか?
警告!実は危険なこと

実は危険!鼻をほじるといけない理由

どうして鼻をほじったらいけないのかについて、体への悪い影響や感染症のリスクなどを中心に、耳鼻咽喉科の医師Erich P.Voigt氏によるアドバイスを分かりやすく紹介します。鼻をほじることは、周りの人に不快感を与えるだけでなく、炎症や出血、感染症などを引き起こす原因にもなります。
警告!実は危険なこと

【警告】トイレに行くのを我慢してはいけない理由とは?公衆トイレで雑菌から身を守る方法

膀胱が破裂しそうなくらいトイレに行きたい場合は、どんな理由があっても我慢しないでトイレに行ってください。なかには、一度トイレに行くのを我慢すると、尿意が一時的におさまるという不思議な経験をすることがありますが、実はそれは、危険なサインの前兆かもしれません。他にも「公衆トイレは汚いから我慢してしまう」人のために、雑菌から身を守るのに有効な使用手順を研究をもとに紹介します。