人体の不思議

人体の不思議

人が走れる限界速度とは?ウサイン・ボルトの世界記録が破られる日はくるのか?

世界のトップ選手がより速く走るために、最も重要だと考えられていることが1つあります。「支持期 (stance phase)」と呼ばれる走行段階で、地面に足が接触している状態です。ここでは、私たちがより速く走るうえで、スピードの限界の原因となっている支持期の問題を中心に、人間の最高速度がどれくらいなのかを紹介していきます。
人体の不思議

なぜ夜になると熱が上がりやすいのか?

病気にかかると、夜に熱が上がるように感じますが、それは単なる思い込みではありません。発熱は夜間に起こりやすく、しばしば熱が上昇します。 それでは、なぜ私たちの体の機能は、夜になると発熱に苦しむようになっているのでしょうか?それには、体内時計や免疫システムが関係しているようです。
人体の不思議

水を飲み過ぎたらどうなるのか?

生命は、水なしでは存在できません。しかし、驚いたことに、条件さえそろえば水は、あらゆる毒と同じくらい危険な存在になります。ここでは、水が毒となり得るとき、それは体がどのような状態なのかについて分かりやすく紹介します。
人体の不思議

相撲の力士は太っているのに「健康だ」と科学者がいう理由

力士は、肥満体質の人とは違い、心臓発作や脳卒中、その他の肥満によって引き起こされる症状に苦しむ傾向が低いのはなぜなのでしょうか?ここでは、力士のお腹のCTスキャンによって明かされたおもしろい真実や内臓脂肪と皮下脂肪、運動の関係などを分かりやすく紹介します。
人体の不思議

おへその中の物体は何か知っていますか?

おへそのゴマはみんなにありますが、糸がたまるのは男性ばかり。ここでは、このおへそにたまるナゾの「糸」の正体について、分析化学によって分かったおへその興味深い実態に基づいて紹介します。どうやらおへそには、正体不明の糸くずやゴマだけでなく、数えきれないほどの細菌や汚れなど、私たちの想像以上のものが潜んでいるようです。
人体の不思議

もし人間にしっぽがあったら。尾が退化した理由とは

私たちは、「進化の木」をたどっていくにつれて、オラウータンやゴリラ、ボノボ、チンパンジーと同様にしっぽを失いました。ほとんどの哺乳動物にとってのしっぽは、一つの大きな目的を果たすためにありますが、ヒトはなぜ進化の過程でそのしっぽを喪失したのでしょうか。
人体の不思議

実は、目の色素はみんな同じ「茶」。青い目はただ「青く見える」だけだった

実のところ、青い目が誕生したのは一万年も前のことで、それ以前は存在しなかったといわれています。ここでは、科学的な視点で、目の色の不思議について考えていきます。驚いたことに、青や緑の目をもつ人もみな色素細胞の色は同じで、含まれている色素細胞の量によって異なる色に見えていただけなのです。
人体の不思議

なぜ白髪に早くなる人がいるのか?遺伝学で若白髪を解き明かす

加齢にともなって白髪が生えるならまだしも、世の中には20代という早い時期に若白髪が増えてしまうこともあります。いったい彼には何が起きたのでしょうか?そもそも私たちの髪はなぜ白くなるのでしょうか?ここでは、なぜ20歳前の健康的な人でも若白髪が生えるのかについて、白髪が生える仕組みをもとに分かりやすく紹介します。
人体の不思議

出産によって「母親の脳」は変化する

妊娠、出産を経験した女性の脳で起こる神秘的な変化について紹介します。研究がすすむにつれて、妊娠すると女性は、脳のリモデリング(構造変化)を経験し、赤ちゃんに対してより「愛着」や「共感」をもって育てることできるように適応している可能性が分かってきました。
人体の不思議

赤ちゃんがあなたの顔をじっと見つめる理由とは【脳の発達編】

赤ちゃんが人の顔をじっと見つめるのが好きな理由について、脳の発達に基づいた興味深い研究をもとに科学的に分かりやすく紹介します。戸惑うかもしれませんが、その赤ちゃんはただあなたの顔を見るのが好きなだけのようです。なぜなら、赤ちゃんは、人の顔から学ぶべきことがたくさんあるからです。