人体の不思議

人体の不思議

酔っぱらうと記憶が飛ぶのはなぜ?脳のメカニズムに迫る

週末の飲み会で、どうやって家に帰ったのかすら覚えていない。それらの記憶はどこへ行ったのでしょうか?ここでは、週末の夜に時間を巻き戻して、酔って記憶を失った「空白の時間」に脳では何が起きているのかについてできるだけ分かりやすく紹介します。
人体の不思議

暑い時には「冷たい飲み物 vs 熱い飲み物」研究者がすすめるのはどっち?

世界には真夏にホットドリンクを飲んで涼をとる人々がいます。実のところ、条件が適切であれば、この乾燥地帯に暮らす人々の習慣は間違いではないようです。ここでは、暑いときに温かい飲み物を飲むと暑さがやわらぐ理由について、研究結果をもとに科学的に分かりやすく紹介します。
人体の不思議

運転中に眠くなる原因はロードノイズか?それとも振動?

運転中の眠気は、疲労感や夜間(概日リズム)、食後の満腹感などにも関わらず、いくら注意していたとしても誰にでも起こり得ることが分かっています。ここでは、運転中に眠気を誘引する要因について、ロードノイズや車の振動などを中心に研究がすすむにつれて分かってきたこと分かりやすく紹介します。
人体の不思議

なぜ私たちは恒温動物なのか?変温動物とのメリット・デメリット比較

地球上で最も大きな動物は、必要な熱エネルギーを生みだすために一日のほとんどを食事に費やします。もし自分で熱を作るのがそんなに手間もコストもかかるのであれば、なぜ私たちはわざわざ苦労して高い体温を維持しているのでしょうか?
人体の不思議

人は誰でも2つの鼻の穴で交互に呼吸している

驚くべきことに、ほとんどの人が左右2つの穴を数時間ごと交互にふさいで、交代させながら呼吸しています。それはなぜでしょうか?そもそも鼻の穴はなぜ2つあるのでしょうか?ここでは、そのナゾを鼻の役割を考えながら分かりやすく紹介していきます。
人体の不思議

なぜ私たちの血液は骨でつくられているのか

「え、血液は骨でつくられているの?」と驚いたかもしれませんが、他の動物と比較すると、もっとおもしろいことが分かります。鳥類は私たちと同じ骨髄、魚類は腎臓、カエルにいたっては、幼い頃は肝臓や腎臓ですが成長するにつれて骨に移る傾向があるのです。では、なぜ私たちの血液は骨でつくられるようになったのでしょうか?
人体の不思議

私たちはどうやって歌っているの?高い声や低い声が出る仕組み

風船から空気が出るときに口を引っ張って広げたり、縮ませたりすると高い音や低い音が出るのはどうしてだと思いますか?実は、風船から音が出る仕組みは、私たちが歌う方法によく似ています。今回は、私たちがどうやって歌っているのか、声を出す仕組みをもとに分かりやすく紹介します。
人体の不思議

小人族ホビットは本当にいた!ゾウやコモドドラゴンを食べていた古代人

人類学者が、インドネシアのフローレス島で、2003年に未知の小さなヒト族の骨を発見し、人類の家系図に対する通説はひっくり返りました。身長が1メートルほどしかなく、脳はチンパンジーほどの大きさしかないホビットは、今から5万年前に絶滅したと考えられています。
人体の不思議

私たちは、なぜ骨を失い続けるのか?

私たちは、骨密度の減少とともに、骨の総数も失い続けています。今回は、人間の骨は年齢に関係なく、別々の骨が一緒に成長して一つになるために失われ続けていることについて、研究で分かってきたことを中心に紹介します。
人体の不思議

なぜ人はウソをつくのか?人間の進化とウソについてのおもしろ科学

なぜ人はウソをつくのでしょうか?人間が地球上で最も知的で社会的に複雑な生物とされるなら、なぜ私たちは真実を語ることができないのでしょうか?今回は、このナゾについて、とてもおもしろい4つの実験をもとに解明して紹介します。人は、なんらかのメリットや報酬を得るためには誰でも小さなウソをつくと考えられています。