水泳教室

水泳教室

ふし浮き(蹴伸びの姿勢)の練習方法とポイント

ふし浮き(蹴伸び)の姿勢によって、水中での体のバランスを調整する練習方法や姿勢がうまくできないときの問題点と改善点を分かりやすく紹介します。水泳で、なかなか前に進まないと感じたり、長い距離を泳ぐと呼吸が苦しくなったり、足が重くなったりすることはありませんか?これらはすべて、泳ぐときに体のバランスが崩れているサインです。
水泳教室

平泳ぎの推進力を上げる「ロングストローク練習方法」

平泳ぎでキックとストロークの力を最大限引き出してスピードにつなげることを目的とした、ストリームラインに意識を集中して行うロングストロークの練習のやり方を紹介します。平泳ぎの前に進む力(推進力)を生み出し、スピードを上げるためには、このストリームラインがカギを握ります。いつもの練習に効果的に取り入れてぜひタイムアップを実現させてください。
水泳教室

クロールを泳ぐ時の正しい頭の位置と角度とは

クロールを泳ぐ時の正しい頭の位置と角度を保つための練習方法について紹介します。特に息継ぎの時にクロールで頭が上がる場合、前に進みにくくなります。クロールの頭の位置と角度を適切な状態で一定に保って泳ぐ練習を行うことで、ストリームラインが安定し、水の抵抗を減らしてより効率的に泳げるようになります。
水泳教室

クロールが左右対称でない人のためのトレーニング方法

クロールのストロークと体の傾きを左右対称に改善するために考えられた練習方法です。自分ではなかなか気づきにくいことですが、いつも同じ側でのみ息継ぎをしている人の多くが、ストロークと体の傾きが左右で非対称になる傾向があります。この練習の結果、腕を戻す(リカバリ)時に、より水の抵抗が少なくなったように感じるようになるでしょう。
水泳教室

クロールのスタイル別トレーニング法:腕が短く、手が小さい人向けストローク

今回は、スイミングコーチが、 腕が短く、手が小さい人におすすめするクロールの泳ぎ方を解説したものを紹介します。一般的に、短めの腕、小さい手は、水泳でいうと不利な体形ですが、独自のストロークテクニックによって、推進力を大幅に改善する結果がでました。
水泳教室

背浮き(仰向けで浮く)の教え方や練習方法

今回は、背浮きの練習方法について、仰向けで浮く基本姿勢を子供に上手に教えるコツや、一人で背浮きの練習行うときの順序、ポイントなどを中心に分かりやすく紹介背浮きは一度できるとメリットがたくさんあります。たとえば、いつもの練習前に行うと、泳ぐ時に体に入る余計な力を抜き、集中力を高める効果もあります。紹介します。
水泳教室

クロールの泳ぎ方で間違えやすいポイントと改善方法

今回は、特に初心者がやってしまうクロールでの間違った泳ぎ方についてそれを改善する方法を理由とともに分かりやすくアドバイスしたものを紹介します。クロールを泳ぐのがつらいと感じている人の多くが、間違った泳ぎ方によって推進力につながるパワーが十分に発揮できていません。
水泳教室

クロールで大切な回転力を鍛える練習方法

クロールのスピードアップにおける最優先事項の一つ「体のすばやい回転」のために、オリンピックのメダリストを生み出しているスイミングクラブが水中と陸上で行っている練習方法を紹介します。すばやい体の傾きが、ストロークやバタ足のタイミングとうまく組み合わさったとき、ストロークのたびに、移動距離がぐんと伸びるようになるのです。
水泳教室

子どもが段階的に水に慣れるようにする練習方法

子供が水に慣れるのはとても重要なことです。なぜなら、川や海だけでなく、毎年起こる水難事故などから子どもの命を守ることにつながるからです。今回は、子供たちが楽しく泳ぎ方を学ぶために最初にすべきこと、水に慣れる練習方法について紹介します。
水泳教室

「バタ足は膝を曲げない」は間違い?膝の適切な使い方とは

水泳教室では、バタ足で膝が曲がりすぎる人に対して、「膝を曲げないで脚をまっすぐに伸ばしなさい」と注意されることがよくあります。しかし、いくら膝をまっすぐに伸ばしても、かえって動きがぎこちなくなり、なかなか前に進まないと悩んだ経験はありませんか?ここでは、バタ足の膝の使い方について、お尻から膝、足首、つま先までの各パーツとのかかわりを理解したうえで、連動させたバタ足のやり方を分かりやすく紹介します。
2022.07.27