自然科学・地球科学

なぜ雪の予報は難しいといわれるのか?

雪が降るかどうかは、天気予報士らにすら分かりにくいといわれています。 実際に、ある場所に数センチの雪が積もっても、数キロ先では雨しか降らないことも。 いったいなぜそのようなことが起こるのでしょうか? 実は、雪が降るには、以下のように、...
2024.07.13
自然科学・地球科学

高気圧や低気圧はどのように天気を変えるのか?

目には見えませんが、気圧は私たちの天気に大きな影響を与えています。 まず、大気圧とは、上空の空気の重さが地表に及ぼす力のことです。重力によって上空の空気が引っ張られる際に、地表を押す力です。 あなたの周りの空気には重さがあり、触れるものす...
2024.07.12
キッズサイエンス

夏至では何が起こっているのか?

夏至は、太陽に対する地球の傾きが最大になる時で、厳密に言えば、それは正午に太陽が北回帰線の真上にやってくるほんの一瞬です。 一年で最も日照時間が長い日ですが、それは、最も暑い日や日の出が早い日ではありません。夏はまだ始まったばかりですが、...
2024.07.09
宇宙・航空科学

大気って何?地球の大気層とは

大気は、地球を取り囲む気体の保護層です。 地球がりんごほどの大きさだとすると、大気はりんごの皮ほどの厚さしかありません。 大気は窒素78%、酸素21%、その他のガス1%(アルゴンや二酸化炭素など)で構成されています。 ちなみに、火星や...
2024.07.04
キッズサイエンス

虹はなぜアーチを描くのか?

虹は、本来「円形」ってご存知でしょうか? 地上からでは、下側が地平線で隠れてしまうために、私たちはアーチの上側しか見ることができないのです。 そもそも虹は、光と雨粒の位置関係が、適切な条件下でのみアーチの姿を現わしてくれます。 それは...
2024.07.02
動物・生き物

ハチドリに強風を当てるとどうなるか?

ハチドリは、1秒間に80回も羽ばたき、後ろ向きに飛んだり、長時間ホバーリングしたりと他の鳥にはないスキルをもつ鳥です。 では、この驚異的な飛行能力をもつ最小の鳥に、強風を当てるとどうなると思いますか? おそらく、5グラムにも満たない...
2024.07.01
動物・生き物

魚の群れはどうやって連携して泳いでいるのか?

魚は、群れをつくり、リーダーがいないにも関わらず、素晴らしい連携プレーで泳ぎます。 では、どうしてそれが可能なのでしょうか。 実は、魚は、それぞれがただシンプルなルール お互いに適度な距離を保つこと 泳ぎ続けること に従い、...
2024.06.28
動物・生き物

太古のサルは「いかだ」でアメリカ大陸に上陸した

科学者らは、南米のサルの祖先が、いかだに乗って、アフリカから大西洋を横断したと考えています。 実際に、南米のサルは、アフリカのサルの子孫であることがDNAを調べた結果分かりました。 しかし、アフリカのサルが初めて南米に到着したとされる約...
人体の不思議

ネアンデルタール人にも虫歯はあった!

実は、初期の人類たちも虫歯に悩まされていたことが分かっています。 旧石器時代のモロッコでは、集団(イベロマウル)の半数に虫歯があり、ネアンデルタール人の歯の化石からも虫歯菌の代表「ミュータンス菌」が検出されています。 では、お菓子やジュ...
動物・生き物

ハトの巣はなぜ雑なのか?

ハトは、巣作りが下手で、雑な巣をつくることで知られています。 しかし、ただ構造的にしっかりした巣をつくるのが下手というわけはなく、それには理由があるようです。 研究では、主に2つの理由が示されています。 一つは、年に4回も産卵できるほ...
2024.06.21
error:Content is protected !!