人に話したくなる話

人に話したくなる話

サンタが世界中の子供に一晩でプレゼントを配ることは本当に可能か?

もし、サンタがクリスマスイブに1人でプレゼントを届けるとしたら、約2億4千万世帯の子供の家に、世界最高速のジェット戦闘機の1000倍以上の速さで飛行する必要があります。 しかし、そのようなスピードで空を飛べば、宇宙船が大気圏に突入したとき...
人に話したくなる話

なぜマクドナルドでは朝にビッグマックを食べられないのか?

残念ながら、マクドナルドでは、朝は豊富なハンバーガーのメニューを見ることができません。今回は、何千人ものお客様が早朝にハンバーガーを食べたいとツイートしているにもかかわらず、朝にビッグマックを買うことができない理由について紹介します。どうやら、その理由は需要と供給(設備関連)にもとづいているようです。
人に話したくなる話

「古代エジプト人は男女を問わず頭を剃る」って知っていますか?

古代エジプト人は、男性だけでなく、短髪だったり頭を剃ったりした女性も多くいます。彼らは、なぜ男女を問わず頭を剃るのでしょうか?今回は、古代エジプトの生活について、意外と知られていないおかしなことをご紹介します。
人に話したくなる話

なぜイギリスの法廷ではカツラをかぶるのか?

イギリスの法廷で、弁護士や裁判官が白いカツラ(ウィッグ)をかぶるのを不思議に思ったことはありませんか?実は、あの法廷を象徴するウィッグは、フランスのルイ14世が始めた流行。今回は、このウィッグの伝統がいつから始まり、なぜ今も維持されているのかについて紹介します。
人に話したくなる話

イメージで拒絶された夢の再生水技術!あなたは下水から作った水を飲めますか?

1990年代後半、世界的な水不足問題を解決するために生まれた下水再生のための浄水場が、カリフォルニアで建設されましたが、周辺住民の反対によって開始できぬまま閉鎖。しかし、あるきっかけが住民の意思決定を変え最終的に再稼働が求められることに。このきっかけとなったた興味深い心理効果を紹介します。
人に話したくなる話

おもしろいスイカの切り方4選

スイカがまるごとそのまま樽に早変わり。その他にも、スイカを使ったノーベイクケーキにゼリーに氷と、ここでは、夏ならではの創意工夫を凝らしたスイカの楽しみ方を4通り紹介します。みんなに「すごい」と驚かれること間違いなしの簡単なライフハックテクニックです。
人に話したくなる話

落とした食べ物の法則「5秒ルール」はウソだった?

「食べ物が床に落ちても、5秒以内に拾えば安全だ」とするいわゆる「5秒ルール」は、米ラトガース大学のドナルド・シャフナー氏が率いる研究チームによって、科学的に誤りであることが示されました。つまり、食べ物が落ちたことを無かったことにできるような魔法の時間なんて存在しなかったのです。
人に話したくなる話

カミソリの刃はなぜすぐに切れ味が悪くなるのか?

科学者たちが数週間でダメになってしまう刃を何か月も長持ちさせる天才的なトリックはないものかと研究した結果、おもしろいことを発見しました。ここでは、カミソリの切れ味がなぜすぐにダメになってしまうのかについて研究をもとに分かったことを紹介します。
人に話したくなる話

マクドナルドでついお金を使ってしまうしたたかな戦略とは

あなたは、誘惑を撃退できるのか?ファーストフード店は、「お得」認識を消費者に作り出す集客のプロ。複数のサイズオプションと安価なアップグレードの組み合わせ、メニューの配置など巧妙なテクニックによって、実際には割りに合わないにも関わらず、消費者が来店し続け、より多くのお金を使うように仕向けることに成功しているのです。
人に話したくなる話

なぜ「和牛」は高いのか?

希少な和牛ステーキは、100グラムで3万円を超えるものもあり、和牛1頭あたりでは、500万円を超えることもあります。ここでは食用ブランド牛として和牛の価値が高く評価される理由について、飼育にかかるコストや時間を中心に紹介します。一方で、将来的には和牛は安価なものになるという意見もあるようです。