キッズサイエンス

キッズサイエンス

ゼリーって液体?固体?どっちなの

今回は、プルプルと不思議な食感をしたゼリーについて、固体か液体か、その作り方や顕微鏡で拡大してみたときの状態などをもとにゼリーの正体を探ってみましょう。どうやらゼリーは、固体と液体の両方を兼ね添えた身近な「コロイド溶液」だといえそうです。
キッズサイエンス

ミツバチはどうやってハチミツを作っているの?

キッズサイエンス!今回は、ミツバチによるハチミツの作り方について、さらさらの花の蜜がどのようにして粘り気のあるハチミツに変わるのかを中心にミツバチの興味深い生態を紹介します。
キッズサイエンス

綿菓子はどうやってできるの?砂糖の粒がふわふわに変身できる理由

今回は、なぜ、どうやって砂糖の粒から、ふわふわの綿菓子ができるのかについて、固体から液体への変化を中心に科学的な視点で分かりやすく紹介します。
キッズサイエンス

郊外のショッピングモールは突然の大雨に襲われやすい!それはなぜ?

郊外のショッピングモールで買い物をしていたら、なぜか突然に異常な嵐にみまわれることが多い。実は、それは偶然ではないようです。今回は、郊外にある大型ショッピングモールや森林が切り開かれた都市で嵐が引き起こされやすい理由について分かりやすく紹介します。
キッズサイエンス

なぜ雨をつくるのにチリが必要なのか?

雲(水蒸気が水滴になる)ができるには、塩やすす、チリ、粘土の粒など核となる小さな粒が必要です。実際、これらの小さな粒がなければ、水蒸気はそれ自体で水滴に凝縮することができないので、雨は降らないでしょう。今回は、なぜ雨の粒をつくるのにチリやすす、砂の粒が必要なのかについて雨や雲の粒をつくるための条件を中心に分かりやすく紹介します。
2022.04.23
キッズサイエンス

なぜ海には塩分が必要なのか?海水が塩辛い理由とは

海を構成するすべての塩水には実際には塩が含まれていません。実は、海水をなめたときに感じる塩辛さは、似ていても塩と同じではないのです。そして、その理由は、私たちの惑星がどのように機能するかにとって重要なこと。今回は、海の水が塩辛い理由や、なぜ海には塩分が必要なのか、塩分濃度が地球にどのように影響を与えているのかを中心に分かりやすく紹介します。
キッズサイエンス

「卵」は一つの細胞からなる「巨大細胞」だった

あなたは「細胞」と聞くと、どんなものを思い浮かべますか?実は、卵はひとつの細胞からなり、それは最も大きな細胞のひとつだといわれています。今回は、最大の細胞だといわれる卵について科学的に分かりやすく紹介します。
キッズサイエンス

なぜ水はほとんどの物を溶かす万能溶媒なのか?

地球上には、他のどんな物よりも多くの物質を溶かすことができる液体が一つあります。超万能溶媒と呼ばれる「水」です。今回は、地球上のほとんどの物質を溶かす能力をもつことでしられる「水」にも溶けるものと溶けないものがある理由について科学的に分かりやすく紹介します。
キッズサイエンス

 なぜポップコーンははじけるのか?

皆さんもご存知の通り、ポップコーンになる前のとうもろこしの種は、小さくてとても固い粒です。実は、トウモロコシの種がはじけるのは、ポップコーンになる前の粒の固さに秘密があります。今回は、なぜ小さくて固いとうもろこしの種が、ふわふわで軽いポップコーンになるのかについて科学的に分かりやすく紹介します。
キッズサイエンス

松ぼっくりはいつ開く?なぜ閉じるのか?

今回は、なぜ松ぼっくりは開いたり、水に濡れるとしぼんだりするのでしょうか?どうやらこの不思議な現象は、植物が子孫を残すための生存戦略のひとつだったようです。