動物・生き物

30頭のライオンによるアフリカゾウの狩り

アフリカゾウの群れが、水を求めて160キロ以上の距離を大移動したすえ、たどりついたのは、30頭近くの餓死寸前のライオンが群がるわずかな水源。30頭のライオンによる、アフリカゾウの狩りの始まりです。
2022.12.19
人体の不思議

人が死んだ後の体には何が起こり、どうなっていくのか?死後100年後の体とは

人が死んでしまった時点から身体に起こり始めるいくつかの奇妙で少し不気味なできごとについて、時間の経過ごとに科学的に解明されていることを紹介します。どうして、死後の体は青白くなったり、腐敗臭や筋肉の硬直(死後硬直)が起こるのでしょうか?
人体の不思議

ずっと息を止め続けると体はどうなるの?

息を止め続けた時に身体に何が起こり、どのような状態になっていくのかについて科学的に紹介します。驚いたことに、普通に息を止めるのと、水中に潜って息を止めるのでは、身体は異なる変化を起こすことが分かっています。
人体の不思議

なぜ「目やに」は出るのか?

どうして、朝になったら目やにが出ていることが多いのでしょうか?ここでは、目の表面を覆う膜の仕組みをもとに、目やにの正体や原因を科学的に紹介していきます。実のところ、目やには、日中起きている間も出ており、出た目やにのほとんどは鼻に向けて流れています。
2023.01.10
人体の不思議

もう一人の自分が見える幻覚「ドッペルゲンガー」とは

ドッペルゲンガーは、肉体から霊魂が分離したものとして、死や災難などが起こる悪い兆候と信じられていたこともありますが、最近の脳科学の研究によって、少しずつその正体が分かってきました。果たして、リンカーンやエリザベス一世なども死ぬ間際に見たというドッペルゲンガーの正体とは?
動物・生き物

夜行性動物はどのようにして暗闇で見るのか?

夜行性動物が暗闇でどのようにものを見ているのかについて、メガネザルやネコ、カエル、蛾(が)の目の仕組みを例に紹介します。夜行性動物は、暗闇での光の不足を補うために、目を光らせたり、大きく進化させたり、目の構造を変えるなど、それぞれがもつユニークな方法で暗闇に順応してきたことが複数の調査で示されています。
人体の不思議

心臓が感情をコントロールしていることが分かった研究

私たちは、ものごとの感じ方や認識の速さ、意思決定などは、脳によって決められていると信じていますが、最近の研究によって、脳だけでなく、心臓も関わっているという興味深いことが分かってきました。
2022.12.19
人体の不思議

デジャブはなぜ起こるのか?

デジャブに関して、脳科学者たちが導き出したいくつかの仮説を紹介します。デジャブは、てんかんなどの突然の発作と関係しており、脳や神経細胞が情報の処理や伝達を行うときになんらかの要因で錯覚を起こす現象ではないかといわれています。
2023.01.10
人体の不思議

なぜ人は「泣く」のか?

人はどうして泣くのかについて、涙のでかたや理由を中心に紹介します。驚いたことに、涙は泣く理由によって、成分が異なるようです。一体涙はどこからやってくるのでしょうか?、また、どうして涙はいつも悲しみと結びつくのでしょうか?
2023.01.10
食事・栄養

ハエが止まった食べ物って汚いの?食べても大丈夫?

雑菌が多いことで知られるハエが止まった食べ物を実際に食べても大丈夫なのかについて、ハエの生態や食べ物に止まった時に何が起こっているのかを中心に興味深いできごとを紹介します。ハエは、ゴキブリの2倍の雑菌をもっているといわれ、細菌やウィルス、寄生虫の卵などを媒介していることで広く知られる生き物です。