身近なふしぎ

本物のわさびはなぜ高いのか?チューブ入りわさびとの違いとは

特に海外では新鮮な本わさびに出会える機会がめったにないため、1キロあたりおよそ250ドルもすることがあります。ここでは、初めてヨーロッパでワサビファームを始めた農業者の話をもとに、なぜワサビと呼ばれる野菜がそれほどまで高いのかについて紹介します。
2023.02.15
身近なふしぎ

なぜマヌカハニーは高いのか?

一般的なハチミツの100倍にも相当するマヌカハニーの人気は、年々高まりつつあり、さらに高価になる可能性があります。このハチミツは、しばしば健康上のメリットを強調して販売されていますが、高価なマヌカハニーにはそれほどの価値はあるのでしょうか?ここでは、マヌカハニーが高い理由について、収穫方法や健康効果として注目が集まる理由をもとに紹介します。
2023.06.07
人に話したくなる話

なぜ「和牛」は高いのか?

希少な和牛ステーキは、100グラムで3万円を超えるものもあり、和牛1頭あたりでは、500万円を超えることもあります。ここでは食用ブランド牛として和牛の価値が高く評価される理由について、飼育にかかるコストや時間を中心に紹介します。一方で、将来的には和牛は安価なものになるという意見もあるようです。
2023.02.15
人に話したくなる話

Supreme(シュプリーム)はなぜ高いのか?30倍も値上がりする理由

なぜパーカーに「Supreme」とロゴ名が入るだけで、日本円にして10万円も多くお金を費やす人がいるのでしょうか?実のところ、「Supreme」の販売価格は決して高くはありません。しかし、彼らのアイテムは、商品が売り切れてから値が何倍にも跳ね上がって転売されることがあるようです。
2023.02.15
身近なふしぎ

なぜアボカドは高いのか?

アボカドがなぜ高いのかについて、必要とされる莫大な水量や労働力といった隠された生産コストなどアボカドビジネスの裏側を分かりやすく紹介します。今、世界的なアボカドブームが、水不足を深刻化させる可能性があるとして危惧されつつあります。
2023.02.15
動物・生き物

触れなくても毒針で刺す「サカサクラゲ」とは?

サカサクラゲとは、その名の通り、浅瀬の海底で逆さになってじっと動かない奇妙なクラゲ。彼らは、自らが動かない代わりに自律式の粘液細胞を進化させて発射するという奇妙な習性を身に着けました。ここでは、人が触れてもないのにクラゲに刺されてしまうという未知のベールを明らかにした「サカサクラゲ」の興味深い生態について紹介します。
2023.04.27
自然科学・地球科学

木を伐採しすぎた都市の恐ろしい結末とは

ここでは、増加する人口に対応するために2つの古代都市選んだ選択とその運命をもとに、都市に森林がなくなったら起こる恐ろしい結末を紹介します。2050年までには、世界の人口の65%以上が都市に住むと推定されています。私たちは、自分がこれから生きていく都市にどのような結末を求めるのか、今それが問われるときなのかもしれません。
2023.01.12
身近なふしぎ

低温の限界「絶対零度」によって起こる奇妙な世界とは

原子の動きをも止めてしまうほど冷たい温度の世界「絶対零度」。熱力学では決して到達することができないといわれるこの「絶対零度」の世界について、それがどのような状態なのか、また、極限の低温まで冷やされたときに物質に起こる奇妙なできごとを中心に分かりやすく紹介します。
2023.02.15
人体の不思議

思春期は脳の大改革期・「幼児期に脳は発達の大部分を終える」わけではなかった

幼稚園に通う頃には、脳は発達の大部分を終えると考えられてきました。しかし実際には脳が成熟するには思ったよりも長い時間がかかり、思春期は、脳が大改造を始める時期で、思春期の身体や脳で起こる変化が、結果として、10代特有の感情の起伏や態度に表れやすいことが分かってきました。
2023.02.15
人体の不思議

なぜヒゲが濃い人と薄い人がいるのか?

世の中には、同じ年齢の男性であるにも関わらず、ふさふさのヒゲが生えている人がいる一方でほとんどヒゲが生えない人がいるなど、ヒゲの生え方に個人差がみられます。ここでは、ヒゲの生え方が人によって異なる理由について、皮膚科医チュワレクさんの話をもとに分かりやすく紹介します。
2023.02.15