人体の不思議

人体の不思議

実は、目の色素はみんな同じ「茶」。青い目はただ「青く見える」だけだった

実のところ、青い目が誕生したのは一万年も前のことで、それ以前は存在しなかったといわれています。ここでは、科学的な視点で、目の色の不思議について考えていきます。驚いたことに、青や緑の目をもつ人もみな色素細胞の色は同じで、含まれている色素細胞の量によって異なる色に見えていただけなのです。
人体の不思議

なぜ白髪に早くなる人がいるのか?遺伝学で若白髪を解き明かす

加齢にともなって白髪が生えるならまだしも、世の中には20代という早い時期に若白髪が増えてしまうこともあります。いったい彼には何が起きたのでしょうか?そもそも私たちの髪はなぜ白くなるのでしょうか?ここでは、なぜ20歳前の健康的な人でも若白髪が生えるのかについて、白髪が生える仕組みをもとに分かりやすく紹介します。
人体の不思議

出産によって「母親の脳」は変化する

妊娠、出産を経験した女性の脳で起こる神秘的な変化について紹介します。研究がすすむにつれて、妊娠すると女性は、脳のリモデリング(構造変化)を経験し、赤ちゃんに対してより「愛着」や「共感」をもって育てることできるように適応している可能性が分かってきました。
人体の不思議

赤ちゃんがあなたの顔をじっと見つめる理由とは【脳の発達編】

赤ちゃんが人の顔をじっと見つめるのが好きな理由について、脳の発達に基づいた興味深い研究をもとに科学的に分かりやすく紹介します。戸惑うかもしれませんが、その赤ちゃんはただあなたの顔を見るのが好きなだけのようです。なぜなら、赤ちゃんは、人の顔から学ぶべきことがたくさんあるからです。
人体の不思議

なぜ人間は歯医者に行かなければならないのか?歯が再生しない理由とは

爬虫類や魚は、古くなったり、破損したりした歯をピカピカの白い歯に取りかえることができます。人間にも歯の再生ができたらどんなにか素晴らしいはずなのに、なぜ大人の歯(永久歯)は、虫歯や破損しても、新しい歯に生え変わることがないのでしょうか?
人体の不思議

あなたの顔を這い、産卵している「顔ダニ」とは?

顔ダニは、ほぼすべての成人の顔に生息しているといわれています。ここでは、ダニのなかでも、人の皮膚に寄生する身近なダニ「ニキビダニ類」の興味深い生態について分かりやすく紹介します。顔ダニは、スキンシップで頬をひっつけるだけで人から人へ受け渡され、どんどん繁殖の場を広げているのです。
人体の不思議

「穴」の集まりが怖い?恐怖心や嫌悪感はなぜ生じるのか?

「トライポフォビア(trypophobia)」の研究によって分かってきた恐怖感や嫌悪感について、興味深い人間の進化メカニズムをもとに分かりやすく紹介します。「トライポフォビア(trypophobia)」インターネットの画像検索でを見てみると、心がざわめくような奇妙な画像がたくさん出てきますが、あなたがそれを見て恐怖を感じるようなら「集合体恐怖症」かもしれません。
人体の不思議

なぜ足の指をぶつけるとすごく痛いのか?

足の指をぶつけると、軽いけがであるにもかかわらず、体重の2倍から3倍に相当するはるかに強い力でつま先が打ち付けられた痛みを生じるといわれています。ここでは、なぜ足の指をぶつけると強い痛みが生じるのかについて、その理由を痛みのメカニズムをもとに分かりやすく紹介します。
人体の不思議

映画や音楽で「鳥肌が立つ」のはなぜか

寒いときに鳥肌が立つのは理解できますが、感動的な音楽や映画に触れたり、恐怖でぞっとしたりしたときにも鳥肌が立つのはなぜでしょうか?ここでは、ヒトが何かに強く感情的な反応をみせるときに毛を立たせる「鳥肌」という不思議な現象について科学的に分かりやすく紹介します。
人体の不思議

世界一子供をつくった男は誰か?1000人以上も子供を産ませた歴史上の人物とは

一人の人間が生涯にわたってつくれる子供の数について、男女別に科学的に考えて紹介します。歴史上の人物には、世界最多の子孫を残したことでギネス記録に掲載されたモロッコ皇帝をはじめ、360人以上の子供をもうけたポーランド王、チンギス・カンなど生涯にわたって百人以上の子供をもうけた人物がいるといわれています。