身近なふしぎ

身近なふしぎ

なぜアボカドは高いのか?

アボカドがなぜ高いのかについて、必要とされる莫大な水量や労働力といった隠された生産コストなどアボカドビジネスの裏側を分かりやすく紹介します。今、世界的なアボカドブームが、水不足を深刻化させる可能性があるとして危惧されつつあります。
2023.02.15
身近なふしぎ

低温の限界「絶対零度」によって起こる奇妙な世界とは

原子の動きをも止めてしまうほど冷たい温度の世界「絶対零度」。熱力学では決して到達することができないといわれるこの「絶対零度」の世界について、それがどのような状態なのか、また、極限の低温まで冷やされたときに物質に起こる奇妙なできごとを中心に分かりやすく紹介します。
2023.02.15
身近なふしぎ

水よりお湯の方が早く凍るというのは本当か?

「お湯と冷水を冷凍庫に入れると、お湯の方が早く凍る」というのは本当でしょうか?これは、科学に関するとても興味深いミステリーのひとつで、世界中の優秀な科学者たちが試みても、湯が先に凍ったり、水が先に凍ったりと結果は一通りではないうえ、出た実験結果を同じように再現するのでさえ難しいといわれています。
2023.02.15
身近なふしぎ

枕元の水を目覚めに飲むと「まずい」のはなぜ?

夜に枕元に置いた水が、ほんの数時間で口当たりが悪くなり、おいしいとはいえなくなる理由について、科学的な要因をもとに分かりやすく紹介していきます。どうやら水の味に影響を与えていたのは、細菌よりも他の科学的要因が関係しているようです。
2023.07.18
身近なふしぎ

トイレが「最高の発明品」だといわれる理由

「トイレ」というテクノロジーの進化は、名声や栄光が得られにくい分野ですが、現代社会における最高傑作ともいえる素晴らしい働きをしています。私たちを病気から守り、便利で清潔な生活を支えているトイレの働きを知ると、トイレを利用できる幸運に感謝しないではいられなくなるでしょう。
2023.04.13
身近なふしぎ

マグロやトリュフは需要が高いのに「養殖モノ」が少ない理由

どれだけ欲する人がいても生態学的に、または、動物学や菌類学的に彼らの食べ物への需要を満たすのが難しいケースがあります。進化した科学技術をもってしても、なぜ養殖や栽培ができない食べ物があるのかについて、生態学のおもしろいデータをもとに紹介します。
2023.02.15
身近なふしぎ

「白茶、緑茶、ウーロン茶、紅茶」は何が違うのか?

茶にはさまざまな種類がありますが、これらはすべて同じ植物からできることを知っていますか?ここでは、茶葉のつくり方における発酵度合いにもとづいて異なる種類のお茶が生まれる仕組みやそれぞれの健康成分(含まれるポリフェノール)の違いなどを科学的に分かりやすく紹介します。
2023.01.12
身近なふしぎ

なぜ火は熱いのか?

火は熱く、ろうそくもガスコンロの火も約1000度を超えるといわれています。そもそも、なぜ火は熱いのでしょうか?ここでは、火が熱い理由について、エネルギーや化学変化の仕組みをもとに科学的に分かりやすく紹介します。
2023.07.24
身近なふしぎ

牛の体で食べ物になるのは60%。その他の部位は何になるのか?

牛が人間に供給している私たちの身の周りの驚くべき製品の数々について、全米肉牛生産者協会が明らかにした調査をもとに紹介します。実のところ、食糧品として消費される牛肉は、牛の一部分だけで全体の60%にすぎず、残りの40%は、口紅からジェット機の燃料までさまざまな製品に使われています。
2023.03.03
人体の不思議

「自由主義派 vs 保守派」 脳構造や好みに違いがある理由

自由主義者(リベラル派)と保守派にみられるおもしろい心理的特性や脳構造の違い、遺伝子の影響などについて、科学的に分かってきた興味深いことを分かりやすく紹介します。研究がすすむにつれて、このリベラル派と保守派と呼ばれる人々の間には、脳において生物学上の基本的な違いがあり、遺伝子も関係していることが分かってきたのです。
2023.01.12