ミツバチはどうやってハチミツを作っているの?

キッズサイエンス

お出かけ日和だから、大好きなピーナッツバターとハチミツのサンドウィッチを作ってお出かけしよう

いいわね!そういえば、このサンドイッチの中身は全部、植物から作られているのよ

ピーナッツは一年草のラッカセイの種子から、パンは小麦から。

私たちは、植物の一部を使って、新しいおいしい食べ物に変えているのです。

ハチミツはどうでしょう?ハチミツも植物から作られているのでしょうか?

ハチミツも植物から生まれますが、パンやピーナッツバターとは違って、その花を甘くてねばねばしたハチミツに変えるのは人間ではありません。

誰だか分かりますか?

そのとおり、いつも花から花へ飛んでいるミツバチです。

今回は、ミツバチによるハチミツの作り方について、さらさらの花の蜜がどのようにして粘り気のあるハチミツに変わるのかを中心にミツバチの興味深い生態を紹介します。

ハチミツのもとは花の蜜

ハチミツは、もともと花の「蜜」と呼ばれる甘い液体でした。

植物が花の蜜腺(みつせん)から分泌するこの甘い汁を、ハチが食料にするために、ハチミツに変えたのです。

実は、ミツバチは花から花粉という粘り気のある粉も集めています。

彼らにとって、花の蜜と花粉は重要なたんぱく源なのです。

ミツバチの胃は二つある

ミツバチはたくさんの仲間と一緒に働いて、花の蜜をハチミツに変えています。

その仕組みはこうです。

まず、ミツバチは花を訪れ、口吻(こうふん)と呼ばれるストローのような管を花に入れて、蜜を吸い上げます。

ここで、蜜を持って帰るための袋が必要ですね。このとき、吸った蜜を一時的にためる役割をしているのが、腹部にある「蜜胃」、蜜の胃袋です。

ミツバチのミツの2つの胃袋

ミツバチには2つの胃があります。1つは(図の上側の丸い袋)ミツバチのため、もう1つ(下側の長い袋)は巣に持ち帰る蜜のための袋です。

蜜胃に入った花の蜜は、お腹の中でショ糖から、ブドウ糖と果糖に分解されます。

ミツバチは花の受粉を助けている

みなさんもご存知の通り、ミツバチは、花から花へと飛び回り、蜜胃に蜜を満たしながら、同時に花の受粉を助けています。

植物が生きていくためには、子孫をより多く作る(繁殖)必要があります。

そして、ハチは、多くの種類の植物の繁殖を手助けをしているのです。

花の仕事は、新しい植物に成長するための種を作ることです。花は、花粉を同じ種類の植物の別の花に移動させて、種を作る必要があるのです。

そこで登場するのがミツバチ。

ミツバチが花に降り立ち、おいしい蜜をすすると、花粉の粉がミツバチにくっつきます。そのまま次の花に行ったとき、ミツバチはその花粉を一緒に運ぶのです。

その花粉は、次の花が種を作るのを助け、その植物がより多くの子孫を残すのを助けます。

ミツバチにとっても、花からおいしい蜜をもらえるのはラッキーなこと。

そして、花の蜜を吸いに来たミツバチが、花粉を他の花に運んでくれることも、花にとってはラッキーなこと。

ミツバチと植物は お互いを必要として、協力し合っているんだね

しかし、ミツバチがいくつかの花に受粉しながらたくさんの蜜を集めただけでは、まだハチミツはできていません。

今回は、ミツバチが、どのようにして花の蜜をハチミツに変えているのかについて、興味深い生態や

ミツバチはどうやって花の蜜をハチミツに変えるのか?

ミツバチがハチミツを作る方法

ミツバチは、お腹の袋が蜜でいっぱいになったら、巣に帰ります。

このとき、ミツバチが集めた蜜は、まだ水っぽいので、粘り気のあるハチミツにするために、自分の胃から蜜を吐き出し、巣の中で働く他のミツバチの口に入れるのです。すると、そのハチも胃の中の蜜を吐き戻して、他のハチへ口移しで渡します。

それぞれのミツバチの胃の中で、蜜は少しずつ濃く、ねっとりとしたものに変わるのです。

このようにミツバチの胃袋は、花の蜜をハチミツに変える働きをしますが、これだけではまだ花蜜がハチミツになるわけではありません。

その後、少し粘り気の出たハチミツを、六角形を隙間なくならべたハニカム構造と呼ばれる巣のひとつひとつの容器(巣房)に入れます。

そして、巣房のハチミツをさらに濃く濃縮するために、羽で扇いで水分を蒸発させます。いわば、家にある扇風機のようなものです。

ミツバチはミツロウでハチミツに蓋をする

最後に、ミツバチは、特殊なワックス(蜂ろう)で容器に蓋をし、ゴミやばい菌などの微生物が入らないように密閉します。この蜜蓋のおかげで、ハチミツは長い期間安全に保管できるのです。

ミツバチは農業にも大きく貢献

このようにして、ミツバチが一生懸命作ったハチミツを、私たちが奪ってしまうなんて、少しおかしな話ですよね。

一般的に、10匹くらいのミツバチが働いてやっと小さじ1杯程度のハチミツができるといわれています。

さらに人間にはハチミツの他にもミツバチを必要とする理由があります。

リンゴやブルーベリー、イチゴなど、農作物の受粉を助けるために、農場では多くのミツバチがの花粉媒体として働いているのです。

このように農業に大きな貢献をしているミツバチの世話をする特別な仕事もあります。養蜂家と呼ばれる人たちです。

さて、私たちは、ミツバチからハチミツを奪うだけでなく、何かミツバチのためにできることはないでしょうか?

花を提供するのはどうかな?

素晴らしいアイデアね。身近にいるミツバチを助けるために、みなさんもミツバチに優しい花を調べみませんか?

今回は、ハチミツの作られ方を通じてミツバチと花の関係も分かりました。彼らの関係のように、自然界で特別な関係があるものをぜひ他にも探してみてくださいね。