水泳教室

マイケル・フェルプス選手のクロール

金メダリストマイケル・フェルプス選手のクロールについて、過去にボブ・ボウマン/Bob Bowmanコーチがストロークやボディーポジション、息継ぎなどを解説したものを付け加えながら分かりやすく紹介します。泳ぎを改善する時に、まず取り組むべきはボディーポジションです。
水泳教室

背泳ぎの基本的な泳ぎ方|初級

背泳ぎの基本的な泳ぎ方やストロークのポイントについて、水泳コーチであるフィリップ・トリエッロ氏が初心者にも分かりやすくアドバイスしたものを紹介します。 背泳ぎを泳ぐときは、まず、背浮きから始めて、受けるようになったらキックと腕のストローク...
2023.07.18
水泳教室

平泳ぎのストロークでよくある間違いトップ5

平泳ぎのストロークで最もよく見られる5つの間違いと悪いくせの直し方について、U.S. Masters Swimmingより、アメリカの水泳コーチCokie Lepinskiさんによるアドバイスをもとに紹介します。 ストロークのプルの腕の動...
2023.01.22
水泳教室

プルブイを使ってバランスよくクロールを泳ぐ練習方法

プルブイの挟む位置を足首、膝、太ももと順に変えていく練習方法を分かりやすく紹介します。バランスを考えながら、クロールの腕のかき方の調整方法についてより多くを学ぶことができます。 米国のオリンピック選手Glenn Millsらによって設立され...
2023.07.18
水泳教室

クロールで正しい姿勢をキープする練習方法

「フロントバランス」と呼ばれる初心者向けの練習方法を分かりやすく紹介します。ストロークなしのバタ足だけでボディーバランスを適切な位置にキープして泳ぐ練習のやり方やポイントです。 米国のオリンピック選手Glenn Millsらによって設立され...
2023.01.22
水泳教室

平泳ぎの息継ぎで頭が上がりすぎるのを防ぐ練習方法

平泳ぎの息継ぎの時に、できる限り頭を低い位置に保ち、前方に向けての推進力を高めながら、なめらかに泳ぐための練習方法について分かりやすく紹介します。 水泳選手の多くは、平泳ぎの息継ぎのために、水面から高く飛び出す傾向がみられます。 たくさ...
2023.01.22
水泳教室

クロールのストロークでの腕の使い方の練習方法|キャッチからプルへの移行

クロールのストロークにおける入水のタイミングにから水を引き込む動き(プル)への移行について、手から前腕にかけての腕の使い方を学ぶ練習方法を紹介します。 前回、クロールにおいて肘の位置を高くするストロークの練習方法を紹介しました。 ただし...
2023.01.23
水泳教室

クロールで腕を曲げて泳ぐ(ハイエルボー)ストロークの練習方法

クロールで腕を伸ばしたままストロークをすることのデメリットを理解し、「ハイ エルボー(肘を高く上げた)」ストロークのメリットや練習方法をiSportより紹介します。 クロールのストロークでの腕の曲げ方(ハイエルボー)をマスターすると、...
2023.01.23
水泳教室

強いバタ足に偏ったクロールの改善点

強いバタ足に頼ったクロールの特徴や泳ぎ方を改善するための練習方法へのアドバイスなどをSwim Smoothより分かりやすく紹介します。 この泳ぎ方の人は、クロールが疲れやすい、膝に力が入りかかとが水面から出る、体の傾きがなくストロークの腕...
2023.01.23
水泳教室

リラックスして水への感覚を鋭くする練習方法

リラックスして水とのつながりを感じる練習から得られる大きなメリットや練習方法について分かりやすく紹介します。 ハードな練習が必要な時もありますが、より上手に泳ぐ方法を理解するには、水とのつながりを感じ、リラックスして全身の水への感覚を...
2024.06.14