動物・生き物

植物の中も微生物が存在するって知っていますか?

植物の体内にも、私たちと同じようにたくさんの微生物がすんでいます。 それは、いわゆるマイクロバイオーム(微生物叢:びせいぶつそう)と呼ばれるものです。 マイクロバイオームとは、私たちの体内にすむ1000種類におよぶ1000兆個もの小さな微...
2023.01.25
水泳教室

金メダリストから学ぶ効率的なクロールのストロークとは

オリンピックと世界水泳選手権の金メダリストであるネイサン・エイドリアン(Nathan Adrian)のクロールをもとに、ストロークでの手の入水やキャッチの位置と動かし方、プルの改善方法、リカバリーのポイントを中心にしたアドバイスをSpeed...
2023.01.22
水泳教室

クロールでのストロークの戻し方(リカバリー)の練習方法

クロールのプルからリカバリーへの入り方を中心に、ストロークの肘や手の動かし方について分かりやすく紹介します。 クロールでは、ストロークの手を水面からどのタイミングでどのように出すかによって、その後に続くリカバリーやプルの滑らかさやストロー...
2023.01.22
水泳教室

ドルフィンキックの練習方法

両腕を前方に伸ばした(ポジション11の姿勢)のまま、ドルフィンキックで泳ぎ、腕と体の連携について考える練習方法をGoSwimより紹介します。 この練習によって、平泳ぎやバタフライを速く泳ぐための姿勢や、腕と体の動きのつながりについて学ぶこ...
2023.01.22
水泳教室

平泳ぎの足のリカバリーでの水の抵抗をなくす練習方法

平泳ぎで最も水の抵抗を受けやすい膝から下の部分の抵抗を最小限にするために、リカバリーの時に足(キック)を揃える練習方法を紹介します。 平泳ぎで最も抵抗が大きくなるのがキックのリカバリー(蹴った足を元に戻すところ)。 このリカバリーの時に...
2023.01.22
水泳教室

クロールの息継ぎをバランスよくする練習方法|初級

クロールの息継ぎを、左右のどちらか一方だけでなく、両サイドでバランスよく行う練習方法を紹介します。 息継ぎを両方で行うことで、クロールのストロークがアンバランスになるのを防ぎ、息継ぎとバランス力のつながりを改善して推進力を高めることができ...
2023.01.22
水泳教室

ストリームラインを適切な姿勢に導く練習方法|初級

水泳でより速く泳ぐための合理的で正しいストリームラインの姿勢について、メダリストの親子が運営するレースクラブ(The Race Club swim camps)のGary Hallコーチによるアドバイスをはじめ、 GoSwimによるストリ...
2023.01.22
水泳教室

パラリンピック水泳選手による背泳ぎのキャッチとプルの練習方法3通り

車いすのパラリンピック水泳選手トム・ミアズガ(Tom Miazga)氏が、背泳ぎのキャッチとプルの練習を3通り実演しながらポイントを解説したものや、メダリストのマット・グレイバーズ氏による背泳ぎのアドバイスを紹介します。 米国のオリンピック...
2023.01.22
水泳教室

オリンピック選手に学ぶクロールのプルを改善する練習方法

オリンピック選手ジョアン・デルーカ氏によるクロールのプルの動きを力強く改善するためのストロークの伸びの練習方法「シングルアームエクステンション」について動画を合わせて紹介します。 自分のストロークを磨くためにまずすべきことは、リーチ(前方...
2023.01.22
水泳教室

水をとらえるための「スカーリング」泳ぎの練習方法

指先から手の平全体で水への感覚をとぎすまし、水をより確実につかむことでスピードを上げる目的で考えられた「スカーリング」泳ぎの練習方法をより紹介します。 スカーリングによって「手で水への感覚をつかむこと」を意識的に取り入れることは、遠回りの...
2023.01.22