水泳教室

平泳ぎの息継ぎで頭が上がりすぎるのを防ぐ練習方法

平泳ぎの息継ぎの時に、できる限り頭を低い位置に保ち、前方に向けての推進力を高めながら、なめらかに泳ぐための練習方法について分かりやすく紹介します。水泳選手の多くは、平泳ぎの息継ぎのために、水面から高く飛び出すのが大好きですが、それでは前方への推進力を上に向けて分散してしまうため、スピードアップの妨げとなっています。
水泳教室

クロールのストロークでの腕の使い方の練習方法|キャッチからプルへの移行

クロールのストロークにおける入水のタイミングにから水を引き込む動き(プル)への移行について、手から前腕にかけての腕の使い方を学ぶ練習方法を紹介します。ストロークの肘を位置が高くしても、タイミングが遅ければせっかくのパワーが発揮されないため、素早いキャッチとプルへの移行について練習の手順とポイントにそってクロールを試してみてください。
水泳教室

クロールをハイエルボーで泳ぐ練習方法

クロールで腕を伸ばしたままストロークをすることのデメリットを理解し、肘を曲げた(ハイエルボー)ストロークのメリットや練習方法を紹介します。ストロークが改善すると、肩の負担を減らしながら、水を力強くかけるようになり、特にプル(ストロークの腕を引く動き)が強化されます。
水泳教室

強いバタ足に偏ったクロールの改善点

強いバタ足に頼ったクロールの特徴や泳ぎ方を改善するにはどのような練習方法を取り入れるべきかなどを分かりやすく紹介します。この泳ぎ方の人は、クロールが疲れやすい、膝に力が入りかかとが水面から出る、体の傾きがなくストロークの腕がのびているなどの傾向があります。
2022.08.09
水泳教室

リラックスして水への感覚を鋭くする練習方法

リラックスして水とのつながりを感じる練習から得られる大きなメリットや練習方法について分かりやすく紹介します。ハードな練習が必要な時もありますが、より上手に泳ぐ方法を理解するには、水とのつながりを感じ、リラックスして全身の水への感覚を研ぎ澄まし養う時間も大切であることを頭に入れておきましょう。
水泳教室

クロールのストロークが短くて回転が速い泳ぎ方の改善点

クロールのストロークが短くて回転が速い泳ぎ方を改善していくポイントについて分かりやすく紹介します。この場合、いくら練習を重ねても、費やした努力にもかかわらず、ほとんど進歩が見られないでスランプに陥ることがよくあるため、この機会に改善点を見直してタイムアップにつなげてください。
水泳教室

クロールの腕を伸ばす時間が長すぎる泳ぎ方の問題点と改善法

クロールの腕を前方に伸ばす時間が長すぎる傾向がある泳ぎ方がなぜスピードダウンにつながるのか、その問題点や改善するための練習のポイントについて分かりやすく紹介します。クロールで前方に腕を伸ばすのは大切なことですが、伸ばす時間が長すぎる時に生じる「間(ま)」には注意が必要です。その場合、ストロークを改善することでタイムも上がることがよくあります。
水泳教室

ふし浮き(蹴伸びの姿勢)の練習方法とポイント

ふし浮き(蹴伸び)の姿勢によって、水中での体のバランスを調整する練習方法や姿勢がうまくできないときの問題点と改善点を分かりやすく紹介します。水泳で、なかなか前に進まないと感じたり、長い距離を泳ぐと呼吸が苦しくなったり、足が重くなったりすることはありませんか?これらはすべて、泳ぐときに体のバランスが崩れているサインです。
水泳教室

平泳ぎの推進力を上げる「ロングストローク練習方法」

平泳ぎでキックとストロークの力を最大限引き出してスピードにつなげることを目的とした、ストリームラインに意識を集中して行うロングストロークの練習のやり方を紹介します。平泳ぎの前に進む力(推進力)を生み出し、スピードを上げるためには、このストリームラインがカギを握ります。いつもの練習に効果的に取り入れてぜひタイムアップを実現させてください。
水泳教室

クロールを泳ぐ時の正しい頭の位置と角度とは

クロールを泳ぐ時の正しい頭の位置と角度を保つための練習方法について紹介します。特に息継ぎの時にクロールで頭が上がる場合、前に進みにくくなります。クロールの頭の位置と角度を適切な状態で一定に保って泳ぐ練習を行うことで、ストリームラインが安定し、水の抵抗を減らしてより効率的に泳げるようになります。