人体の不思議

さらば血液検査「唾液、息、汗、涙、耳垢」が教えてくれる体のこと

今、「注射針=痛み」を伴う血液検査に代わって、唾液や呼気、汗、涙、耳垢などさまざまな分泌物の分析が、私たちの体について想像以上に多くのことを教えてくれることがわかってきました。もし分泌物での検査が一般化すると、より安価で痛みを伴わず、簡単に体の状態を知ることができるようになるのです。素晴らしいと思いませんか?
動物・生き物

霧を飲む植物「世界一高い木」はどうやって乾期を生き抜くのか

112m以上にもなる世界一高い木、セコイアの生育地には乾期があります。今回は、セコイアの木が、根以外の秘密のところで水を飲む仕組みに注目し、彼らが「霧」を利用した素晴らしいアイデアで乾期を力強く生き抜く姿を紹介します。
もしものときに役立つ知識

【苔の治癒能力】兵士の生命を救った水苔の癒しパワー

苔(コケ)には、「癒し」の力という優れたパワーが隠されていると知っていますか?実際に苔は、戦時中、包帯の代わりに使われていました。苔は、バクテリアの繁殖を抑えて、無菌に近い環境を作り出すという驚きのパワーをもった植物だったのです。
動物・生き物

ティラノサウルスの腕はなぜ小さいのか?

巨大な殺人マシン、ティラノサウルスが体のわりにちっぽけな腕をもつナゾについて、興味深い有力説を中心に紹介します。腕が短いのは、獲物を捕らえるときや交尾をするときに便利だったのでしょうか?てこの原理でちょうどよいバランス力を発揮したのでしょうか?
動物・生き物

1歳の犬の年齢は人間の30歳に近い。もはや7歳ではなかった

DNAの化学的変化に基づいた犬の年齢の計算式によると、どうやら犬は私たちが思っているよりもずっと年上。1歳の犬は7歳の子供ではなく、むしろ30歳くらい。10歳の犬は70歳くらいですが、15歳の犬は100歳を超えておらず、むしろ80歳い近いようです。おもしろいと思いませんか?
動物・生き物

なぜフン(糞)を食べる動物がいるのか?

ゾッとするかもしれませんが、多くの動物にとってフン(糞)は普通の食卓メニューのひとつ。今回は、ウサギやゴリラ、コアラなどの動物が糞を食べる理由について、糞には何が含まれているのか、毒性はあるのかなどを分かりやすく紹介します。どうやら糞は、必ずしも私たちが考えるほど危険なものではないようです。
人に話したくなる話

あなたは下水から作った水を飲めますか?拒絶された夢の再生水技術

1990年代後半、世界的な水不足問題を解決するために生まれた下水再生のための浄水場が、カリフォルニアで建設されましたが、周辺住民の反対によって開始できぬまま閉鎖。しかし、あるきっかけが住民の意思決定を変え最終的に再稼働が求められることに。このきっかけとなったた興味深い心理効果を紹介します。
知的な好奇心

中国とインドの人口だけが圧倒的に多い理由とは?

なぜ、中国やインドは人口が多いのでしょうか。たった2か国、面積でいうと、地球上の8.2%の土地に世界の人口の36%が集まっており、今生きている人の5人に2人は、これらのいずれかに住んでいるのは不思議だと思いませんか?今回は、中国とインドに人口が集中している理由について、過去に遡って紹介します。
動物・生き物

セミはなぜ地中で長い幼虫期を過ごす必要があるのか?

セミは、奇妙にも、その人生のほとんどを地下で過ごした後、地上に出て儚い一生を終えます。それでは、一体なぜ、セミには地中での長い幼虫期が必要なのでしょうか? 今回は、数学の考え方から解明されつつあるセミの生態について、ライフサイクルと捕食者の関係をもとに紹介します。
2022.03.19
動物・生き物

「フラミンゴは死んでも一本足で立てる」片足立ちの本当の理由とは

長い間、人々はフラミンゴが一本足で立つのは、水に長く脚をつけることで体温が逃げていくのを防ぐためだと誤った推測をしてきました。今回は、フラミンゴが一本足で立つ本当の理由について研究で分かってきたことを紹介します。実は、フラミンゴは、死んでも一本足で立つことができるのです。