動物・生き物

シマウマは何色?シマ模様はどうやってできたのか?複雑な生物学を解いた戦時中の暗号解読者

シマウマの縞模様はどこから来たのか、なぜこのようなパターンが可能なのか?これを解明したのは、戦時中のナチスドイツの暗号「Enigma」を解読した有名な暗号解読者。彼は、DNAの言語ではなく、数学で書かれたシンプルなコードで、生物の複雑で予測不可能な世界を解読したのです。
動物・生き物

水鳥の羽はなぜ水をはじくのか?【羽の構造の秘密】

アヒルのような水鳥が、水をはじくために羽を(しっぽの付け根から出る)油でコーティングするのは有名ですが、実は、油がなくても、羽の構造自体が水をシャットアウトできることを知っていますか。なんと、アヒルの羽の構造自体に水をはじく仕組みがあったようです。
キッズサイエンス

南極と北極の違い?なぜ南極は北極より寒いのか?

南極と北極は、どちらも極寒の地で、氷に覆われていますが、一体なにが違うのでしょうか?地球の北半球の端に位置する北極は、周囲を陸地で囲まれた海です。一方で地球の反対側にある南極は、周囲を海に囲まれた大陸。今回は、南極と北極の違いについて分かりやすく紹介します。
動物・生き物

なぜペンギンは北極にいないのか?ペンギンが飛べなくなった理由とは

なぜペンギンは、南極だけで北極にはいないのでしょうか?北極のホッキョクグマと南極のペンギンをなんとかして一緒に見ることはできないのでしょうか?かつて、北極圏に生育していたとされるペンギンらしい生き物の正体とは?そこで今回は、なぜ北極にはペンギンがいないのかについて科学的な研究をもとに分かりやすく紹介します。どうやら、過去には数種類のペンギンを北極圏まで運んだ冒険家がいたようですが、十数年後にはペンギンは姿を消してしまったようです。
スポーツ科学

なぜカーブが打てないのか?バッターの目の影響に迫る!

打者によると、これらの変化球が打ちにくい理由のひとつは、バットに当たる直前に、突然、不規則な動きをするように見えることです。しかし、それはなぜ?その答えは、ピッチャーの腕というよりも、実はバッターの目の仕組みに関係があるようです。今回は、カーブボールのような変化球が打てないのは、見る人の目に理由があることを示した過去の研究を紹介します。
動物・生き物

科学者が驚いた「カナリアの病気の予防方法」とは

鳥かごのカナリアには、仲間が病気になってもソーシャルディスタンスという選択肢がありません。しかし、カナリアの免疫システムは、病気の鳥を見ただけで自動的に発動し、感染を防ぐために免疫力をアップさせることができるようです。これは将来、人間の集団感染を防ぐ方法のヒントになるかもしれません。
美容と健康のためになる話

インフルエンザが流行しなかったことによる厄介な問題とは

2020年は、専門家の心配をよそに、インフルエンザはそれほど流行しませんでした。しかし、どうやらこのぽっかりあいた一年間が、これからやってくるインフルエンザシーズンに厄介な問題を残してしまったようです。インフルエンザの流行を防いだ一年が、将来的に事態の悪化を引き起こすかもしれないといわれる理由について紹介します。
知的な好奇心

ガラスは液体なのか?古いガラス窓の下側が膨れている理由とは

ガラスは液体なのか固体なのかについて、ガラスのナゾに迫って科学的に分かりやすく紹介します。たしかにガラスの構造は、液体にとてもよく似ていますが、ガラスはどこからどうみても固体にしかみえません。なぜそのような不思議なことが起こるのか、いまだに謎なのです。
知的な好奇心

「原子爆弾のメカニズム」原子爆弾はどのように爆発し、人や街に影響を与えたのか

無差別に命を奪った一発の原子爆弾が、なぜこれほどまでにけた違いの爆発力で悲惨な影響を与えたのでしょうか?ここでは、当時トップシークレットとされた原子爆弾「ファットマン」のメカニズムについて分かりやすく紹介します。
もしものときに役立つ知識

地雷から身を守る驚異のサバイバルテクニックとは

さて、不幸にもあなたは、古い地雷原に遭遇してしまいました。ここでは、一触即発の危険な状況で、地雷原からどうやって帰還するかについて、地雷の近くでは携帯電話を使うべきでない理由や、積み重なった岩に警戒すべき理由、ねずみがあなたを助けてくれるかもしれない理由などを中心に紹介します。