動物・生き物

動物・生き物

タコは人間も認識できるって本当?

どうやらタコは、私たちが思っている以上に賢く、いたずら好きであるようです。では、タコは人間をどの程度まで認識しているのでしょうか。さっそく下記に、同じ制服を着た2人の人間に対するタコの反応を示した研究を紹介します。
動物・生き物

フグは水でお腹を膨らませているって知ってますか?

お腹を膨らませたフグは、一見制御不能な状態で水中を移動しているように見えますが、フグの中を覗いてみると、その脅威に驚くでしょう。フグは風船ではありません。その中にあるのは空気ではなく、水。今回は、フグが敵から身を守るために身に着けた恐ろしい体の機能について紹介します。
動物・生き物

シマウマの模様の秘密を解いた戦時中の暗号解読者

シマウマの縞模様はどこから来たのか、なぜこのようなパターンが可能なのか?これを解明したのは、戦時中のナチスドイツの暗号「Enigma」を解読した有名な暗号解読者。彼は、DNAの言語ではなく、数学で書かれたシンプルなコードで、生物の複雑で予測不可能な世界を解読したのです。
動物・生き物

水鳥の羽の構造に水をはじく秘密があった!

アヒルのような水鳥が、水をはじくために羽を(しっぽの付け根から出る)油でコーティングするのは有名ですが、実は、油がなくても、羽の構造自体が水をシャットアウトできることを知っていますか。なんと、アヒルの羽の構造自体に水をはじく仕組みがあったようです。
動物・生き物

なぜペンギンは北極にいないのか?

なぜペンギンは、南極だけで北極にはいないのでしょうか?北極のホッキョクグマと南極のペンギンをなんとかして一緒に見ることはできないのでしょうか?かつて、北極圏に生育していたとされるペンギンらしい生き物の正体とは?そこで今回は、なぜ北極にはペンギンがいないのかについて科学的な研究をもとに分かりやすく紹介します。どうやら、過去には数種類のペンギンを北極圏まで運んだ冒険家がいたようですが、十数年後にはペンギンは姿を消してしまったようです。
動物・生き物

カナリアは病気の鳥を見ると自らの免疫システムを上げることができる

鳥かごのカナリアには、仲間が病気になってもソーシャルディスタンスという選択肢がありません。しかし、カナリアの免疫システムは、病気の鳥を見ただけで自動的に発動し、感染を防ぐために免疫力をアップさせることができるようです。これは将来、人間の集団感染を防ぐ方法のヒントになるかもしれません。
動物・生き物

フェレットが柔軟に曲がりくねれる理由

フェレットは、細長い体をまるで液体化したように柔軟に動かして、地下のトンネル内を縦横無尽に方向転換しながら、スピーディーに移動できます。フェレットのユニークな体形は、90%を地下で過ごす動物にとって非常に重要です。
動物・生き物

なぜザトウクジラとアメリカグマは危機に打ち勝ったのか

人間によって、生存に必要な資源が少しずつ奪われていく動物たち。特に大型動物にとっては生きにくい現代ですが、例外もあります。アメリカグマとザトウクジラの個体数は、2つの強力な戦略によって回復し、衰える気配がありません。彼らの
動物・生き物

ヘビがより良い人工股関節のヒントに

股関節のない生き物から人工股関節のヒントを得るなんて不思議ですね。しかし、既存の義足はどうしても人間が本来もつ関節に比べて接触部分の摩擦が大きいというデメリットを改良するときに研究者が頼りにしたのはヘビ。
動物・生き物

電気ウナギの狩り「電気ショック」の秘密に迫る

今回は、電気うなぎが、なぜ、どのようにして人間にショックを与えるのか、また、彼らの電気ショック攻撃によって、私たちはどのような影響を受けるのか、電気ウナギの攻撃から逃れる術はあるのかについて紹介します。