宇宙・航空科学

宇宙・航空科学

太陽は何でできているのか?天文学を変えた女性天文学者

科学者らはどうやって、あまりにも遠く熱い太陽について知ることができるのでしょうか?今回はコンピューターの無い時代に「太陽のような星が何からできているか」を光を使って明らかにした素晴らしい女性天体物理学者の話をもとに紹介します。
宇宙・航空科学

夜空の星は、すべて過去の世界。宇宙が膨張しているのが分かった理由

夜空を見上げるとき、私たちは過去を見ています。なぜなら光は一定の速度(秒速約30万km)で移動しているから。光が空間を移動する方法を理解することは、遥か彼方の宇宙が誕生した瞬間の最初の光を見たり、恐竜が絶滅した時期の地球を宇宙から観測できたりするチャンスにつながるのです。
宇宙・航空科学

もし月が2つあったら、地球は大惨事になっていた理由

仮に地球が、2つの月を持っていたら。それは悲劇としか言いようがありません。海の水は、双子の月に激しく引っ張られるため、ニューヨークやシンガポールなどの主要都市は波で一掃され、数百万年後には、月同士の衝突による破片が地球に降り注ぎ、地球上の生命体は恐竜と同じ末路をたどるかもしれません。さらにこれは始まりにすぎず、その他にも、恐ろしい大惨事が引き起こされるでしょう。
宇宙・航空科学

飛行機がチベット上空を決して飛ばないのはなぜ?

地球上には飛行機が飛ばない場所がいくつかあります。今回は、その一つであるチベットの上空を飛行機が飛ばない背後にある危険な真実について、科学的な理由をもとに紹介します。チベットの飛行ルートには、飛行機や飛行場、酸素、気流などさまざまな問題があるようです。
宇宙・航空科学

太陽系や土星の輪はなぜ平べったいのか?

今回は、太陽系が同じ円盤の平面内を回る理由について、太陽系の誕生と2つの理由をもとに紹介します。ブラックホールの降着円盤、土星の輪っかをはじめ、多くの銀河が、太陽系と同じく平らな円盤状を同じ方向に周回しているのはなぜなのでしょうか?
宇宙・航空科学

重力、引力ってなに?宇宙のどこにでも存在し、時間や光をも引き寄せる力とは

ここでは「重力や引力とはどのような力か」について、できるだけ簡単に分かりやすく紹介します。あなたの犬、地球、そして250万光年先のアンドロメダ銀河のブラックホールもすべてあなたに引力で引き寄せられていて、あなたも彼らに引き寄せられているのです。
宇宙・航空科学

なぜ燃料を捨てながら飛ぶジェット機があるのか?

航空機のパイロットは、ごくまれなケースにおいて、やむおえず空の上で決して安いとはいえないジェット燃料を捨てる選択をすることがあります。それには良い面も悪い面もありますが、ここでは航空機が燃料を棄てながら飛行しなければならない理由について紹介します。
宇宙・航空科学

地球の傾きが90度(太陽に向かって真横に自転)になると何が起きる?

毎年繰り広げられる季節は、初期の太陽系において、地球の地軸がわずかに傾いたことによって神秘的に生じたものです。それでは、この地軸がさらに傾くと地球はどうなるのでしょうか?たとえば、90度まで傾き、横向きに回転(自転)し始めたら。ここでは、地球の傾きが変わると、生態系や気候はどう変わり、私たちには何が起こるのかについて分かりやすく紹介します。
宇宙・航空科学

いまだに宇宙人を見つけられない3つの理由

銀河系には、推定1000憶を超える惑星があり、そのどこかで宇宙人(地球外生命体)が生きていると信じられています。しかし問題は、これほど宇宙人が存在する可能性が高いにも関わらず、私たちは宇宙人と接触できないどころか、彼らについてのヒントすら見つけられていないことです。ここでは、従来の考え方の逆説となる「宇宙人はいない説」をもとに、新たな視点で地球外生命体のナゾを探り分かってきた興味深いことを紹介します。
宇宙・航空科学

太陽の本当の色は黄色ではない理由

本当の太陽の色について、私たちの目にはなぜ黄色やオレンジ色に見えるのかを考えながら分かりやすく紹介します。それは、まさに空が青くみえるのと同じ原理で、人間の目が感じる色彩や光の仕組み、地球上に存在する大気などが大きくかかわっています。