宇宙・航空科学

宇宙・航空科学

巨大なジャンボジェット機がなぜ飛べるのか?

飛行技術の発達によって、今や100万ポンド(約45万キロ)を超える巨大な飛行機が、空中で落ちることなく1万キロもの距離を飛べる時代となりました。それでは、なぜ、これほどまでに巨大な飛行機が離陸し、落ちないで空を飛び続けることができるのでしょうか?以下に、その仕組みについて分かりやすく紹介します。
宇宙・航空科学

「飛行機は、西へ移動した方が速く飛べる」わけではない理由

飛行機が進む方向によって目的地に速く到達できることがある理由について、地球の自転の影響の受け方をもとに、分かりやすく紹介します。飛行機の速度には、地球の自転が関わっていることは確かですが、単純に自転によって目的地がこっちにやってくるからというわけではないようです。
宇宙・航空科学

なぜ、飛行機は宇宙を飛ぶことができないのか?

なぜ人類は、未だに飛行機を宇宙に飛ばせないのでしょうか?ここでは、その理由を、高高度の大気の状態や重力の影響をもとに分かりやすく紹介します。残念ながら、現段階で民間の飛行機は、宇宙までの距離の1/4にも満たない高さまでしか飛ばすことができていません。
宇宙・航空科学

もし、地球が丸ではなく平らだったらどうなるのか?

地球が、球体ではなく、古代人たちが考えていたように平面であった場合の影響について、スポーツや水、植物の成長などを例に挙げて、科学的に考えられたおもしろいできごとを中心に分かりやすく紹介します。地球の平面説を唱えていた古代の祖先には、残念ながら、「重力」という大きな概念が一つ欠けていたようです。
宇宙・航空科学

なぜ航空会社は、他の国にお金を支払わなければいけないのか?

航空会社は、他の国の上空を飛ぶために、手数料を支払っています。これは、通行料のようなもので「上空通過料」と呼ばれています。ここでは、上空通過料や航空会社が負担しなければならないさまざまなコストの謎について分かりやすく紹介します。
宇宙・航空科学

ひこうき雲はなぜできるのか?

ひこうき雲の正体や、どのようにして細長い雲の線が形成されるのかについて分かりやすく紹介します。ひこうき雲は、高いところを飛んでいる飛行機でしか見ることはできませんが、それには、白くて細長い雲がどのようにして形成されるのかが関係しています。
宇宙・航空科学

なぜ飛行機は白色なのか?

飛行機の塗装には、毎回246リットル以上ものペンキが使われています。ここでは、なぜそこまでして飛行機に色を塗る必要があるのか、しかも、ほとんどの機体が白や明るい色で塗られている理由について、マサチューセッツ工科大学の教授による説明を分かりやすく紹介します。
宇宙・航空科学

スイスチーズにあるミステリアスな穴の正体とは?

スイスチーズにはなぜこのような大小さまざまな穴があるのかやチーズの穴の正体について、、米国農務省(USDA)の科学者によるアドバイスを分かりやすく紹介します。この穴は、「眼」と呼ばれており、スイスチーズを作るうえで欠かせないものだといわれています。
宇宙・航空科学

アインシュタインにとっての「最大の過ち」が、宇宙科学における素晴らしい発見を証明

アインシュタインの理論の過ちについて、数理物理学者としてコロンビア大学で教授をしているブライアン・グリーン氏が解説したものを分かりやすく紹介します。アインシュタインの相対性理論を知らない人にも非常に分かりやすい内容になっています。
2022.04.01
宇宙・航空科学

「飛行機で飲むトマトジュースはおいしい!」その科学的な理由とは?

ドイツでは、飛行機の機内でトマトジュースがビールを上回るほどの人気あります。ここでは、なぜ飛行機の中で飲むトマトジュースはおいしく感じるのかについて、科学的に分かったことを紹介します。なんと、空の上では味覚が変わることが解明されたのです。